【漫画】伝われ!フリーランス! ④教えて!営業方法

つたフリ04-01

リージャスジャパン AD

>>これまでの『つたフリ』はこちら<<

つたフリ04/02

ほさかなおです。

今回は私の父であり、フリーランスの先輩でもある現役グラフィックデザイナー・保坂ぽぽなすがアドバイスをしてくれました。

ぽぽなすは18歳のとき、「手に職をつけたい」「出版界に繋がりを作たい」という2つの目的から、出版社でのアルバイトを始めたそうです。

もともとパソコンが好きだった彼は、パソコン情報誌を担当することになります。原稿を書いたりイラストを描いたり、とにかく手を上げてなんでもやらせてもらっていたとか。

18歳にしてたくましく、貪欲だったぽぽなす。フリーランスが営業をかける上では、そんなたくましさと貪欲さこそが重要なのかもしれません。

<<前回 次回>>

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。

33,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 33,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ