【漫画】伝われ!フリーランス! ⑩プロとして

>>これまでの『つたフリ』はこちら<<

 

tsutafuri10_1

tsutafuri10_2

ほさかなおです。

今回は、「プロとしてイラストを描くって、どういうことだろう?」というお話です。

思うに、プロっていうのは画力やテクニックの問題ではないんですよね。仕事として依頼を受け、報酬を受け取るかどうか。そこに尽きるんだと思います。

私は似顔絵を描くのが好きで、よく知人の顔を描いてプレゼントしています。プロフィール画像などに使っていただくことが多いのですが、こちらとしてはそれが宣伝にもなりますし、「よく観察して描く」というトレーニングにもなりますし、そして何より「描かせてもらってる」という感覚なので、あまり報酬については考えていませんでした。

しかし、フリーランスエンジニアとして働くたけもとの感覚はそうではないようで。「プロとしての技能と時間を人のために費やしてるんだから、報酬を受け取るべきだ」、というわけです。

「身近で絵を描いてくれる便利な人」ではなく、プロとして依頼されるようなイラストレーターになれるよう頑張りたいな……と思うのですが、結局、イラストの報酬っていくらが妥当なんですかね……?

<<前回 次回>>

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ