フリーランス1年生必読!帳簿のつけ方入門ガイド

フリーランスになった以上、帳簿づけは避けて通れない道です。「1年目は稼ぎが少ないから」と放置してはいけません。

とまどうのは最初だけ。帳簿の基本を理解すれば、誰でも作成できます。

本記事ではフリーランス1年目の方が覚えておきたい帳簿の基本知識と、青色・白色申告の選び方をご紹介します。

最後に帳簿作成に便利なテンプレートと会計ソフトもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

そもそもフリーランスの帳簿ってなんのためにつけるの?

フリーランスになりたての方は、「帳簿ってなに?」「それって必要?」と思うかもしれません。しかし帳簿付けは、お金を稼ぐ事業者には必須の作業。なぜなら、それが年度末の確定申告に必要だからです。

確定申告とは、1年(1月1日~12月31日)の終わりにビジネスの「収支」を国税局に報告し、必要な税金額をはっきりさせる手続きです。収入の金額によっては、払いすぎた税金が還付金として戻ってくることもあります。

この確定申告をスムーズに行うために作成するのが、帳簿です。事業の売上金額や経費、取引内容がわかるように記録していきます。1年で自分がいくら稼いだのか、経費はどれくらい使ったのか。そして収入から経費を差し引いて、最終的にいくら税金を払うべきなのか。このようなお金の流れを記録して可視化させるのが、帳簿の役割です

帳簿そのものは確定申告の際に提出する必要はありませんが、そもそも帳簿を普段からつけておかないと申告書類を作るのも一苦労です。さらに、作成した帳簿は7年間保存し、税務調査があった際には開示する義務があります

フリーランス1年目に知っておきたい「青色申告」「白色申告」の違い

帳簿付けを行う前に理解しておきたいのが、確定申告の種類です。

確定申告には2種類の申告形式があります。「青色申告」「白色申告」です。どちらの形式にするかによって、必要とされる帳簿のスタイルが異なります。

  • 青色申告:複式簿記(取引を借方・貸方の2方向に仕分けする記帳方式)。帳簿をもとに作成した貸借対照表と損益計算書の提出が必要
  • 白色申告:簡易簿記(売り上げや経費を入力して作成する記帳方法)

青色申告は、帳簿作成が白色申告に比べて複雑ですが、その分お得になる税制優遇特典が用意されています。

■青色申告で受けられる特典例

  • 最高65万円までの特別控除:課税対象の所得から最大65万円を差し引ける
  • 専業専従者給与:配偶者やその他親族へ支払う給与を経費計上できる
  • 純損失の繰り越し:事業の赤字を3年にわたって繰り越し、黒字に転換した年の税金を節約できる

青色申告と白色申告どちらがいい? 売り上げ以外にメリットから判断しよう

青色申告と白色申告、どちらを選べばよいのでしょうか。それぞれの申告形式に向いているフリーランスのタイプを整理してみましょう。

■一般的な青色・白色申告に向いているタイプのイメージ

青色申告 白色申告
売り上げ規模 大規模 小規模
事業の形態 本業 副業
簿記の知識 あり なし
事業への家族の参加 あり なし

まず注目すべきは売り上げ規模。青色申告には「最大65万円の特別控除」があるため、それ以上の所得がある方は青色申告が適しています。

次に事業の形態について。これは、ビジネスを副業でしている人は要注意です。給与所得を受け取りながら副業収入を得ている場合、副業収入が「事業所得」でなく「雑所得」と判断される可能性があります。事業所得でなければ、青色申告の特別控除は受けられません

また、事業に参加している15歳以上の家族がいるかどうかも重要なポイントです。配偶者と一緒に事業を営んでいれば、青色申告で給与を全額経費計上できるため、大きな節税になります。

フリーランス1年目に知っておきたい「青色申告」「白色申告」の違い

とは言え、「売り上げが小さいから白色申告」とは一概に言えません。フリーランスをはじめたばかりの人でも、青色申告の「赤字を3年繰り越しできる」という特典は見逃せないでしょう。

フリーランス1年目から青色申告をした場合、初期の赤字を3年間繰り越して計上できます。つまり、1年目の赤字は最大開業4年目まで、2年目の赤字は最大開業5年目まで持ち越せるため、黒字転換した際の節税対策になるのです。

所得額によっては、黒字になった開業5年目の所得税をゼロにすることもできます。売り上げ規模だけではなく、ほかの特典との兼ね合わせで確定申告の方式を選んでみましょう。

これだけは理解しておきたい!帳簿つけの基本用語

帳簿作成をはじめるまえに、理解しておくと役に立つ基本用語をご紹介します。

■白色申告

売り上げ サービスの提供や商品販売で得た金額。取引相手・日付と共に記入
雑収入 空き箱、作業くずなどの売却代金等、ほかの項目に当てはまらない営業外の収入
仕入れ 商品や原材料の購入にかかった金額
経費 ビジネスを行うためにかかった支出。給与、外注工賃、家賃、光熱費等が含まれます
給与賃金 給与、賃金、退職金など
原価償却費(げんかしょうきゃくひ) 事業用の建物、備品、車両等の資産について、その資産の使用可能期間に応じて取得価格の一定額を各年の必要経費にする方法
貸倒金(かしだおれきん) 未回収の金額が、相手先の倒産等により回収不能となったもの
地代家賃(ちだいやちん) 店舗やオフィス、工場や倉庫を借りている場合の家賃
利子割引料 事業資金を借りた際の利子や受取手形の割引料

■青色申告

現金出納帳(げんきんすいとうちょう) 事業用の現金の出し入れ状況を、取引順に記載する帳簿
売掛帳(うりかけちょう) 得意先ごとに口座(取引の内容を記載する場所)を設け、商品などの金額・回収状況を記載する帳簿
買掛帳(かいかけちょう) 仕入れ先ごとに口座をもうけ、商品などの金額や支払い状況を記載する帳簿
経費帳 仕入れ以外の事業場の費用を、科目ごとに口座を設けて記載する帳簿
固定資産台帳 事業用の減価償却資産や繰延資産について、原則として個々の原価償却資産ごとに口座をもうけ、記載する帳簿
貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう) 事業が一定時点において、どれくらいの資産や負債を有しているかあらわす表のこと。「バランスシート」ともいう
損益計算書 事業の一定会計期間の収支をあらわす決算書。「P/L」ともいう

フリーランスが迷ったときに使える帳簿テンプレート・会計ソフト

上で用語の説明をしたとはいえ、簿記の知識がない状態からの帳簿づけは大変です。以下で紹介する、便利なテンプレートや会計ソフトを利用してみましょう。特に青色申告を考えている方には、カード決済や仕分けを自動化してくれるなどの機能が豊富なクラウド会計ソフトがおすすめです。

1. 白色申告練習用テンプレート(国税庁)

国税庁:白色申告練習用テンプレート

国税庁が配布している、白色申告練習用のテンプレートです。

PDFでの配布ですが、白色申告に必要な項目がわかります。

おなじく国税庁が配布しているパンフレットを参考にすると、はじめての方もわかりやすいでしょう。

2. フリーランスのための超簡単!青色申告(読者無料特典ソフト)

フリーランスのための青色申告:読者無料特典ソフト

書籍『フリーランスのための超簡単!青色申告』を購入した読者が無料でダウンロードできる青色申告用Excelテンプレートです。

簿記の知識がない方でも簡単に青色申告用の帳簿を作成できます。有料サポートのオプションもあるため、要チェックです。

3. やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンライン

インストール不要、初心者でも簡単に使えるクラウド確定申告アプリ『やよいの青色申告オンライン』。

銀行明細やクレジットカードの取引データを自動で仕分けしてくれるので、入力の手間がはぶけます。日々の帳簿記入から確定申告まで、簿記の知識がなくても大丈夫。

2020年3月16日までに登録すると、通常年間8,000円のセルフプランが無料になる初年度無料キャンペーンも実施中です。

4. freee

freee

会計知識がないかたもラクラク使えるクラウド会計ソフト、『freee』。白色・青色申告のどちらにも対応しています。

専用モバイルアプリで簡単に作業できるのもうれしい点で、ネット環境さえあればどこでも作業が可能です。

おすすめの会計ソフトについて、もっと知りたい方はこちらをどうぞ!▼

もっと詳しく知りたいフリーランスは「記帳説明会」にいってみよう

帳簿作成は、ビジネスの基本です。白色・青色双方の特徴を理解した上で、適した方式を選びましょう。

また、記帳方法に不安がある方は、国税庁が主催する「記帳説明会」に参加してみるのもいいでしょう。

  • 白色申告者対象:国税庁が主催して記帳説明会を実施。くわしくはこちら
  • 青色申告者対象:国税庁が外部委託をして「記帳指導」を実施。くわしくはこちら

面倒な記帳作業は溜め込まず、こまめにするのがポイント。確定申告で困らないよう、いまからやりやすい記帳方法を見つけてくださいね。

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ