フリーランス初心者が案件を獲得できない理由。「未経験=クラウドソーシング」が必ずしも正解ではない

フリーランス初心者が案件を獲得できない理由

フリーランスになったものの、案件を受注できず悩む方は多いようです。コロナ禍では人脈を作る機会も減り、新規案件獲得の一歩が踏み出せない初心者の方は珍しくありません。

本記事では、経験の浅いフリーランス初心者が案件を獲得できない理由や、初心者でも好条件の案件を獲得するための方や、気をつけたいポイントなどを紹介します。

フリーランス初心者が案件を獲得できない理由

まずフリーランスとしての経験が浅い初心者が案件を獲得できないのは、そもそもなぜでしょうか? もちろん、「スキルや実績が足りないから」も理由の一つですが、必ずしもそれだけが原因ではありません

フリーランスとしては初心者でも、プロとしては十分なスキルを持つ方もいます。実績がない人が案件を獲得できないなら、現在活躍しているフリーランスはどうやって生き残れたのでしょうか。

初心者フリーランスが案件を獲得できない理由を、もう少しじっくり考えてみましょう。

理由1. 案件を紹介してくれる人脈がない

プロフィールやポートフォリオが整わなければ、あなたの強みや信頼度を証明してくれるものはほとんどありません。そんなとき知り合いから紹介してもらう案件は、とても価値のあるものです。見ず知らずの相手に営業するよりも、紹介案件はあなたのことを配慮した内容である場合が多く、案件のミスマッチも低くなります

初心者フリーランスは人材募集プラットフォームやクラウドソーシングサイトに目を向けがちですが、それよりもあなたを信頼してくれるコミュニティや友人に「フリーランスとして働き始めた」と伝えたほうが、良いスタートを切れるかもしれません。もしもそういったツテが見当たらないのであれば、今からでも人脈を作ろうと努力をすることをおすすめします。

理由2. 取引先のニーズを理解していない

たとえ企業や事業者とコンタクトが取れたとしても、相手が求めることを理解しなければ、満足いくサービスや商品を提供することはできません。受注が続かないことをスキル不足と捉える初心者の方は多いのですが、取引先のニーズを理解していないケースも見逃せません。

仕様書やマニュアルを精読することは当然として、相手が「何を課題と思っているのか」「なぜ自分に案件を依頼したのか」を考えましょう。根本的な課題を解決しようと心がければ、おのずと相手に喜んでもらえる成果を出すことができます。

理由3. 自分の市場価値を理解していない

自己分析や内省の時間は、フリーランスにとって重要な意味を持ちます。自分が提供できる価値や強みについて正確に把握することが、案件獲得につながるからです

たとえばライターであれば、どんな分野が得意か、あるいはどんな取引先の課題を解決したいのかによって、案件を探す領域が異なります。自分の強みを求める領域に営業をかければ、市場価値は高くなるものです

同業の人々の市場や強みを分析しつつ、自分自身にどんな価値があるのかを言語化し、案件探しや人脈づくりに役立てましょう。

フリーランス初心者が案件を獲得するための準備

次に、案件獲得に向けた準備について解説します。初心者が実績ゼロから案件を探すことを想定し、案件獲得までにしておきたい準備を3ステップに分けました。

ステップ1. 信頼構築を第一に周囲とコミュニケーションを取ろう

まずは前述した人脈を作る準備です。仕事の話を全面に出すのではなく、信頼関係を構築することを目標に、周囲の人とコミュニケーションを取ってみましょう。

対象はSNSで探したり、なんらかのコミュニティに入ったりすることでスムーズに見つかるはずです。また、前職からつながりのある人や、フリーランスの友人がいる場合は、積極的にコンタクトを取ってみてください。

ステップ2. 周囲の困りごとを解決しよう

次に、そのコンタクトを取った人たちの困りごとをヒアリングしてみましょう。この段階でも、自分の仕事につなげようという意識は強く持たないほうがいいです。あなたの専門分野とは異なる困りごとかもしれませんが、とにかく相手の困りごとを解決するために自分ができることは何か、考えてみましょう。

もしも自分に解決できないことならば、自分の知り合いで解決できる人がいないか探してみてください。その人を紹介すれば、自分の知り合いと困りごとをしていた人、双方にとって有意義な出会いをあなたが作れるかもしれません。

とにかく、誰かの困りごとを解決する一端を担うことを意識してみてください。その積み重ねによって、「この人に相談すれば大丈夫」という信頼を勝ち取ることができるでしょう。組織に所属しているとなかなか育ちづらい、当事者として課題解決に貢献する感覚も身についていきます。

ステップ3. 自分の市場価値を整理しよう

ステップ2を繰り返してみて、改めて自分の市場価値について分析してみましょう。自分のスキルがとくに求められる相談事は何かという観点から、客観的にプロフィールを整理してみてください。

ライターやプログラマー、デザイナーといった表面的な肩書だけでなく、どの分野に強いか、どんな相談事を解決するのが得意かを言語化できれば、その領域に対して営業をかける準備が整います。

フリーランス初心者が“好条件”の案件を獲得するためのポイント

前章で解説した3ステップを意識すれば、あなたにも適切な案件が自然と舞い込んでくるはずです。ただし、その中でも好条件の案件を獲得するためには、自分に合った環境で仕事を探す工夫も必要です。そこで、新規案件を探す案件サイトについての注意点を解説します。

ポイント1. 「未経験=クラウドソーシング」が必ずしも正解ではない

フリーランスになりたての方が案件獲得の窓口としてまず思いつくのが、クラウドソーシングサイトです。クラウドソーシングサイトには日々多数の案件が更新されるので、案件獲得に悩む初心者は頼もしく感じることでしょう。しかし、クラウドソーシングサイトには案件を獲得しようとするユーザー、つまりライバルも多い側面があります。

働き手の割合が多く、匿名性が高いクラウドソーシングサイトでは、依頼する側が一方的に都合のいい条件(低単価、厳しい仕様、短納期など)を提示しやすくなります。すべてが厳しい条件の案件とは言いませんが、一人ひとりの働き手の価値が下がってしまう仕組みであることに変わりはありません。

くわえてクラウドソーシングサイトでの受注は、案件の上流工程が見えづらいデメリットがあります。相手の課題の根本に向き合う仕事が少ないため、続けていても好条件の案件に移行していける可能性は低いでしょう。

ポイント2. 自分の市場価値を高められる求人サイトを探そう

こうした理由から、たとえ初心者であっても、まずはフリーランス向けの求人サイトに登録してみることをおすすめします。募集総数が少ないように感じるかもしれませんが、長期的に安定した案件を獲得するためにはこちらのほうが効率的です。フリーランスが登録するのに適した無料のプラットフォームを、いくつか紹介します。

Workship

▲出典:Workship

デザイナー、エンジニア、マーケター、編集者など、「デジタル領域のプロフェッショナル」と「プロジェクト単位のお仕事」をマッチングするサービスです。フリーランスだけでなく、副業やパラレルワーカーなど柔軟な働き方を求める人に適したお仕事を検索できます。週1日〜稼働や土日稼働による、時給換算での業務委託案件が多く、中長期スパンで一社と向き合いスキルを培いたい人におすすめです。

https://goworkship.com/

Wantedly

▲出典:Wantedly

企業とビジネスパーソンを結ぶビジネスSNSです。企業は社員ストーリー等のコンテンツを掲載し、ビジネスパーソンは実績やプロフィールを掲出することができます。企業側からスカウトを受けて案件を受注する機能や、知り合いからの評価が表示される機能もあり、重ねてきた信頼を可視化して営業に役立てられるのが特徴です。

https://www.wantedly.com/

Crowdtech

▲出典:Crowdtech

比較的案件の単価が高く、長期プロジェクトの人材募集が多い求人プラットフォームです。業界でスキルを育てた後に独立したエンジニアやデザイナー、ディレクターなどを対象とした案件が多いため、ある程度スキルに自信がある方におすすめします。また、キャリアサポーターが案件をマッチングしてくれるため、発注者とのトラブルや失注などのリスクが低い点も魅力的です。

https://crowdtech.jp/

ポイント3. 苦手意識がないならSNSを活用しよう

加えて、とくに苦手意識がないのであれば、FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSアカウントを作ってみましょう。仕事に関わる発信を続けなければと肩肘をはらず、あなたのキャラクターを自然に伝え、そこから生まれる対話を楽しむ感覚で運用すれば良いと思います。

SNSは仕事のスキルではなく、あなた自身を軸にした問い合わせ窓口として機能するものです。SNS運用にばかりリソースを割くのはおすすめしませんが、地道に長期間継続すれば、そこから生まれる人脈を仕事に活かしたり、直接仕事の依頼が来たりします。

フリーランス初心者でも好条件の案件は獲得できる!信頼と市場価値を忘れずに

初心者でも案件を獲得するためには、周囲の信頼を積み重ねることから始めましょう。収入のことを気にすると、つい仕事のことにばかりに目が向いてしまうものですが、どんな仕事もやりとりをするのは人同士です。お互いがどんな役割を担い、最終的に何を解決したいか理解することに注力してみてください。

やがて信頼できる取引先からの継続案件を増やして収入が安定すれば、新たなステップに挑戦する余力が生まれます。そのサイクルを繰り返しながら、実績を増やし、スキルを高めていきましょう。

(執筆:宿木雪樹 編集:少年B)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週2日20万円以上のお仕事多数
Workship