20代でフリーランスは危険?安全に独立するための3つのポイント

「20代でフリーランスになれるの?」
「社会人経験も浅いし、信頼もないから仕事があるか不安……」

近年、政府と企業が一体となって進める働き方改革により、フリーランスという働き方に注目が集まっています。しかし、フリーといってもただ自由で楽なわけではなく、対策しなければならない課題が多いのも実情です。

20代のフリーランス活動を成功させるには「仕事を獲得するツールを使いこなす」「スキルを磨き続ける」「セーフティネットを用意する」という3点が大切です。

この記事では、20代でフリーランスになるメリット・デメリットから、活躍するためのノウハウまでご紹介します。

20代でフリーランスになるメリット

20代でフリーランスになると、どんな影響があるのか見ておきましょう。

メリット1. 収入が上がりやすい

フリーランスの場合、収入は年齢や役職ではなくスキルや労働量に比例します。スキルの高さや労働量がそのまま収入に直結するため、努力の分だけ収入があがりやすい傾向があります。

また雇用側からするとフリーランスは「福利厚生や育成のコストがかからない存在」という側面もあります。コストがかからない分、報酬に上乗せされるため、同世代の会社員と比べて報酬が高くなる傾向にあるのです。

メリット2. 失敗してもリスクが少ない

独立にはリスクがつきもの。とくに家庭があるなかでの独立は、万が一収入が安定しなかった場合のリスクが大きく、挑戦しにくいのが実際です。

その点、20代での独立は比較的背負うべき責任が少なく、リカバリーも簡単なことが多いです。万が一収入が不安定であったり、働き方が向いていなかったりした場合には再就職という道も選べます。

年をとるほど再就職が困難になるため、20代だからこその特権と言えるでしょう。くわえて独身であれば、自分ひとり養うお金さえ稼げればいいため、独立のハードルが低いという考え方もあります。

副業を始めやすいのも、自由な時間の多い20代の特権かもしれません。副業でのフリーランス活動はノーリスクで行えるため、おすすめです。

メリット3. キャリアの幅が広がる

20代社会人のキャリアパターン

フリーランスは、仕事の進め方や労働時間をある程度自分で決められるため、結婚や留学などの自分のライフイベントに仕事を適応させやすい働き方だと言えます。

たとえば、専門的なスキルの高いスペシャリストを目指す場合。上図のように会社でスキルを磨きつつ、副業としてフリーランス業を行うことで、より短期間でスペシャリストへ成長できるでしょう。

副業で増えた収入で、スキルアップのための留学などにも挑戦することも。フリーランスであれば、時間や場所が指定されない案件も多いため、留学中も案件をこなし生活費を稼げます。

このように、自分の目的や目標に合わせて働き方を柔軟に変えられるのがフリーランスの特徴です。

20代でフリーランスになるデメリット

20代でフリーランスになる際に考慮すべき、3つのデメリットを把握し対策しましょう。

デメリット1. ベテランと比較しスキルや人脈が少ないため、仕事を得にくい

20代でフリーランスになることの懸念として、「人脈やスキルが少ないこと」がよく挙げられます。

人脈があったほうが仕事を得やすく、ITスキルが高いほど単価の高い案件を獲得できます。フリーランス白書2020の調査によると、直近1年間で仕事獲得に繋がったことのあるものとして「人脈(知人の紹介含む)」が73.8%、「過去・現在の取引先」が52.3%と、上位2つを占めています。

ある程度企業で働いてから独立し、本業フリーランスとして仕事するのであれば、前職からのツテで仕事をもらえる可能性は高いです。若いうちから独立してしまうと、お仕事をもらうツテが少ないことも。

しかし人脈が無くとも、フリーランスエージェントやスキルシェアサービスを利用するなど仕事を獲得する方法は多くあります。スキルに自信がない場合は、副業から始めたり、スクールに通ったりするなど小さく始めるのがおすすめです。

デメリット2. 失業や出産時のセーフティーネットを自分で用意しなければならない

フリーランスになる大きなリスクのひとつに、受けられる社会保障の少なさがあります。

一般的に会社員は、「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」「労災保険」の4つの保険に加入しています。失業や出産の際には保障が受けられるため、収入が途絶えるリスクが抑えられます。加えてこれらの保険料の半額もしくは全額を、会社が負担してくれるのです。

それに対しフリーランスは原則「国民健康保険」「国民年金」にしか入る義務がなく、保険料は全額自己負担です。会社員のような補償がないため、働けなくなった場合は収入が途絶えてしまう可能性があります。

そのため、休業のリスクへの備えは必須です。たとえば職場の健康保険の任意継続制度を利用したり、国保組合や民間の保険サービスに加入したりする方法があります。料金は全額自己負担ですが、方法や条件によっては、比較的安価に入れます。

デメリット3.  キャリアプランを自分で考えなければならない

キャリアプランを自由に立てられるフリーランス。それは、言い換えれば「全て自分で考える必要がある」ということです。

会社員の場合、会社がキャリア形成をサポートしてくれます。しかし、フリーランスは自分の力でキャリア形成をしていく必要があり、成長するための努力を維持し続けないと、市場価値が下がってしまう可能性があります。

20代でのフリーランスを成功させる3つのポイント

フリーランス活動する上で大切な3つのポイント、案件獲得・スキルアップ・セーフティーネットに関するノウハウをご紹介します。

ポイント1. 仕事を獲得するツールを使いこなす

仕事を獲得するためのおすすめのツールは以下の3点です。活動基盤を整えることで、安定した収入を得られます。

  • 案件紹介サービス
  • 交流会やコミュニティー
  • SNS

案件紹介サービス

案件を紹介してくれるサービスには、エージェントやクラウドソーシングなどがあります。

この2つは、案件獲得のためのサービスという点で大きな違いはありませんが、エージェントの方がより高単価な案件が豊富です。しかし、その分高いスキルが必要とされる上、クライアント先へ出向くなど場所や時間が指定される案件も多いのが特徴です。

クラウドソーシングは、全体的に単価相場は低めです。その分、在宅の案件が豊富にあり、未経験者が副業にチャレンジする際や、就業形態などの制約に縛られずに働きたい場合に活用できます。

自分に合ったサービスを利用して、案件を獲得できるよう工夫しましょう。

Workship(ワークシップ)』では、自分のスキルや希望の働き方など条件に合わせて案件を探せます。希望をすればあなたの担当エージェントがヒアリングした上で、希望するプロジェクトに代行営業してくれます。営業する時間がない方や、営業が不得手な方にもおすすめのサービスです。

Workshipを使ってみませんか?

Workshipを使ってみませんか?

詳細

利用料無料(お仕事成約でお祝い金1万円!!)
登録者数27,000人
マッチング最短即日

交流会やコミュニティー

さまざまな職種や役職の人物とのつながれる交流会やコミュニティーに参加するのもおすすめです。

このときお仕事を獲得するポイントは、丁寧な信頼関係を築くこと。多くの人と闇雲に話すのではなく、自分が一緒にお仕事をしたいと思う人と丁寧に交流するのが大切です。

SNS

SNSからお仕事につながることも多くあります。人柄を知れる安心感や気軽に相談できるハードルの低さから、SNSで採用活動を行っている企業もあるため、積極的に利用しましょう。

実績や興味関心を発信し、ポートフォリオのように活用するのも得策です。フォロワーが増えれば、仕事を獲得できる可能性も高まります。

ポイント2. スキルを磨き続ける

フリーランスは、常にスキルアップを意識しなければなりません。いまの時代に価値のあるスキルも、数年後には使われなくなっているケースも少なくありません。とくにエンジニアの場合、言語やフレームワークのトレンドは常に更新されるため、学ぶ意欲を持ち続ける必要があります。

モチベーションを保つために大切なのが、失敗に対する許容力を身につけること。意欲が下がってしまう原因の一つが、失敗による自信の喪失です。しかし、失敗は誰もが経験しますし、必ず成長の糧になります。程よい緊張感を持ちつつも、気楽に取り組んでみてください。

また、ゲーム感覚を取り入れて楽しむのもおすすめです。戦略を立て、課題を次々とクリアする達成感を感じつつ、報酬も受け取れるゲームだと考えれば、少し気持ちも楽になるはず。

ポイント3. セーフティーネットを用意する

現在、フリーランスは受けられる社会保障が多くありません。セーフティーネットを自分で用意する必要があります。

フリーランスが利用できる制度や保険を確認しておきましょう。

国民健康保険

一般的に、フリーランスは国民健康保険に入る義務があります。

国民健康保険のメリットは、所得が基準値を下回る場合、保険料が自動的に減額される点です。独立1年目など、収入が安定しない場合に嬉しいポイント。デメリットはその逆で、所得が上がれば保険料が上がることです。

また扶養家族がいる場合、その分の保険料が高くなります。扶養家族が多ければ多いほど、保険料は高くなります。

国民健康保険は居住区によって保険料が変動します。フリーランスのなかには、保険料の安い地区に引っ越す方もいます。

任意継続制度

以前働いていた職場の健康保険を継続して利用できる制度です。これは退社してから2年間有効です。

メリットは、所得によって保険料が変化しないことです。独立直後の収入が会社員時代よりも多くなる場合、任意継続制度を利用すれば保険料を抑えられる可能性があります。

デメリットは、保険料が全額負担となること。所得が少なくとも保険料は変わりません。くわえて一度でも保険料の滞納をしてしまうと失効してしまうため、注意が必要です。

国保組合

国保組合とは、同種同業の従事者で組織された、国民健康保険法に基づいて設立された医療保険者です。国保組合のメリットは、所得によって保険料が変化しないことです。人間ドックなどを割引で受けられるケースも。

デメリットは、所得が小さすぎる場合、逆に保険料が高くなってしまうことです。また住民票上同一世帯の方は同時加入となるため、人数が増えるほど保険料は高くなります。(2021年3月現在、文芸美術国民健康保険組合の場合、一人あたり1万300円)

20代フリーランスのよくあるQ&A

Q1. どのタイミングでフリーランスとして独立すべき?

独立は、事前にしっかりと戦略を立ててから行うのが大切。キャリアプランを実現できるスキルが身についたと思うタイミングで独立しましょう。

安全に独立できるタイミングは、副業収入だけで生活できるようになったとき。

職場にスキルアップできる環境がある場合は、最初は副業で小さく始めるのがおすすめです。たとえばフリーランスに求められるスキルであるコミュニケーション能力は、チームや組織で動く企業のほうが効率よく鍛えられます。また仕事を依頼する側の事情を知ることは、フリーランス活動でも必ず役立ちます。

まとめると、独立におすすめのタイミングは以下になります。

  • 副業でフリーランス活動の基盤が築けたとき
  • 会社の業務を通して、十分なスキルを獲得できたと感じたとき

Q2. 女性がフリーランスになるメリットは?

フリーランスは女性にもおすすめできる働き方。労働量や時間を柔軟に調整できるため、たとえば出産前後や子育て中女性のライフプランに合わせやすいのです。

女性は、出産や育児によって仕事に大きな影響を受けてしまいます。育児は家庭内で分担するとしても、出産による負担は女性のほうが大きく、出産前後にフルタイムで働くのは困難です。

そのような背景があるなかで、時間や場所を選ばずに自分のペースで仕事できるフリーランスの働き方は、女性にとって非常に都合がよいもの。キャリアが途切れないため、再就職の際にも有利になると考えられます。

まとめ

20代でフリーランスになることで、働き方や生活の自由度が高まります。ただしリスクも高いため、しっかりと準備することが大切です。

フリーランス活動で大切なのが「つねに先を考えること」。成功するための3つのポイントを意識して、目標を実現させましょう。

(執筆:上塚千映子 編集:泉)

いまの働き方に悩んでいるあなたへ。

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速するいまこそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)がおすすめです。

  • 27,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、お金は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ