BizOn! Ad

パソコンでできる副業15選!3つの種類に分けてやさしく解説

BUSINESS

「パソコンでできる副業はある?」
「パソコンを使った副業のおすすめがあれば知りたい!」
と思うことはありませんか?

新しい収入源の確保や、スキルアップなどの理由で副業を始める人も増えています。特にパソコンを使った副業は取り組みやすく、本業のスキルを活かすこともできるためおすすめです。

そこで本記事では、

  • パソコンでできる副業の種類
  • パソコンを使ったクライアントワークの副業
  • パソコンを使ったアフィリエイトの副業
  • パソコンを使ったコンテンツ制作の副業

といった、自分に合ったパソコンの副業を見つけるのに役立つ情報を、まとめて紹介します。

記事後半で「パソコンの副業案件を探せるおすすめのサービス」も紹介しているので、ぜひご一読ください。

パソコンでできる副業3選

まずはパソコンでできる副業の種類を3つ紹介します。

  1. クライアントワーク
  2. アフィリエイト
  3. コンテンツ販売

1. クライアントワーク

代表的なのがクライアントワークです。クライアントワークとは、顧客から依頼のあった成果物を納品して報酬を得る働き方のこと。

このように、顧客の要望に合わせた仕事をするのが特徴です。

顧客の要望の例 副業の例
メディアで記事を書いてほしい Webライター
広告バナーのデザインをお願いしたい Webデザイナー
PR用のCGアニメーションをお願いしたい CGアニメーター

さまざまな業種の仕事があり、パソコンでできる副業も多いです。本業の経験を活かして副業に取り組むことも可能ですし、イチからスキルを磨いて副業を行う方もいます。

働き方としては、働いた時間で支払われる「時給制」や、納品物に対して支払われる「成果報酬制」などがあります。安定感のある仕事を探している場合は、クライアントワークがおすすめです。

>> パソコンでできるクライアントワークの副業をいますぐ知りたい方はこちらをクリック

2. アフィリエイト

2つ目に紹介する副業の種類は、アフィリエイトです。アフィリエイトとは成果報酬型のWeb広告を掲載し、報酬を得る仕組みを指します。

たとえば自分でブログを立ち上げ、ブログに掲載した「商品リンク」を読者がクリックし、購入された場合などに報酬が支払われます。ブログだけでなくX(旧:Twitter)やTikTokなど、SNSを活用したアフィリエイトも可能です。

クライアントワークに比べてすぐ稼ぐのは難しいものの、時間をかけて取り組むことで安定的な収入を目指すことができます。

>> パソコンでできるアフィリエイトの副業をいますぐ知りたい方はこちらをクリック

3. コンテンツ販売

3つ目に紹介する副業は、コンテンツ販売です。コンテンツ販売とは、自分で作ったコンテンツを販売する仕事です。

たとえば「営業で成果を出すためのコツやテクニック」を文章や動画などにまとめて「note」で販売したり、作成したデザインを「PIXTA」や「Adobe Stock」などで販売したりする方法があります。

また最近では「Stable Diffusion」や「DALL-E3」などの画像生成AIを利用し、作成した画像を販売する人も増えています。専門的な知識があり、コンテンツ制作に興味がある方におすすめです。

>> パソコンを使ったコンテンツ販売の副業をいますぐ知りたい方はこちらをクリック

パソコンを使ったクライアントワークの副業6選

クライアントワークと一言でいっても、幅広い職種があります。ここでは、以下6つに分けてクライアントワークが可能な副業を紹介します。

職種 概要
データ入力 ExcelやWordなどに、情報を入力する仕事
Webライター ブログやメディアの記事を作成する仕事
Web制作者 Webサイトの制作やWebサイトに必要なコンテンツを作る仕事
Webデザイナー Webサイトのデザインや、Web広告のデザインなどを作る仕事
エンジニア IT知識を使ってアプリケーション開発などを行う仕事
動画編集者 YouTubeや企業のPR動画などの、動画を編集する仕事

※サービス名をクリックすると、詳細までスクロールします

1. データ入力

データ入力には、Webでリサーチした情報をExcelに入力したり、セミナー音源の文字起こしするなどの案件があります。

【データ入力の特徴】

  • 初心者でも始めやすい案件が多い
  • 専門知識を活かしたリサーチ案件などもある
  • 1つの案件にかかる時間が短いため取り組みやすい

データ入力の副業はマニュアルなどが用意されていることも多く、取り組みやすいのが特徴です。また、1案件にかかる時間も短く、休日でもすきま時間を有効活用できます。

2. Webライター

Webライターは、ブログやメディアなどに掲載される記事を執筆します。

【Webライターの特徴】

  • 口コミや体験談の執筆など、比較的軽い案件もある
  • 1記事ごとに単価が決まっているため取り組みやすい
  • 本業の経験を活かして執筆できる案件もある

Webライターは、過去の経験を文章化して納品する案件もあります。経験をベースに書けるため、初心者でも始めやすいです。

また、本業の経験を活かして執筆できる案件もあります。たとえば、エンジニアがプログラミングやテック系のメディアで執筆する場合などが考えられます。

3. Webサイト制作

Webサイト制作は、文字通りWebサイトを作る仕事です。

【Webサイト制作の特徴】

  • Webサイト制作の経験があれば、すぐに案件を探しやすい
  • 未経験の場合は、ツールの使い方やプログラミングを学ぶ必要がある
  • Web上に学習サイトが豊富にあり、未経験からでも挑戦しやすい

既に本業でWebサイト制作を行っている場合は、案件を探してすぐ副業に取り組めます。たとえば案件マッチングサービス『CrowdWorks(以下、クラウドワークス)』にも、Webサイト制作案件は豊富にあります。

もしも未経験からWeb制作者を目指す場合は『Figma』や『Photoshop』などのデザインツールの使い方を覚えたり、HTMLやCSSなどの言語を学習したりする必要があります。パソコンの副業スキルを身につける方法については、後述します。

4. Webデザイナー

Webデザイナーは、ランディングページやバナー広告などのデザインを作ります。

【Webデザイナーの特徴】

  • 本業のスキルを活かして副業案件を獲得できる
  • 月給制や時給制の案件も豊富にある
  • ペースをつかめれば高収入が見込める

専門性が求められることから、スキルがあれば案件を探しやすく、たとえば『シューマツワーカー』では、週10時間から働ける副業案件もあります。

土日に働くだけでも比較的高収入が見込めるため、おすすめです。

5. エンジニア

エンジニアは、アプリケーションの開発を進めたり、運用を行います。

【エンジニアの特徴】

  • 高単価で働ける案件が豊富にある
  • 本業では使えない最新技術を使った案件にも挑戦できる
  • 基本的に実務経験を求められる案件が多い

比較的単価が高いのが特徴で、たとえば週10時間の稼働で時給4,000円以上など、エンジニアには高単価な案件が豊富にあります。

複数案件を掛け持ちした場合、本業を超えるほど稼げるケースもあります。

6. 動画編集者

YouTubeや商品PRなどの動画を編集する仕事です。

【動画編集者の特徴】

  • 1本5,000円~1万円など単価が高い
  • ツールを快適に使いこなすためのパソコンスペックが求められる
  • Premire Pro』などのツールの使い方を学べば、未経験でも副業しやすい

YouTuberの動画編集を行う案件も多く、1本5,000円などからスタート。クオリティが上がれば1万円以上の案件もあります。

一方で動画編集ツールが使えないと仕事にならないため、『Premire Pro』などのツール習得は必要となります。

パソコンを使ったアフィリエイトの副業3選

アフィリエイトの副業には、以下のようなものがあります。

副業 概要
SNSアフィリエイト SNSでASPに登録されている商品やサービスを紹介し、報酬を得る
アフィリエイトブログ ブログでASPに登録されている商品やサービスを紹介し、報酬を得る
物販アフィリエイト ブログなどでAmazonや楽天などにある商品を紹介し、報酬を得る

※サービス名をクリックすると、詳細までスクロールします

1. SNSアフィリエイト

SNSアフィリエイトとは、SNSを経由してアフィリエイトサービスプロバイダー(ASP)に登録されている商品やサービスを紹介し、ユーザーが購入することで報酬を得る仕組みを指します。

【SNSアフィリエイトの特徴】

  • アカウント立ち上げ当初は、収入が少ない
  • SNSアカウントが育てば、安定的に収入を得られる
  • ブログと比べて、少ない文字数で情報発信できる

SNSアフィリエイトは、SNSでおすすめの商品やサービスを紹介して購入を促します。しかし最初から商品を購入してくれる方はそうそういませんし、そもそもアカウントをフォローしてくれる方もほとんどいません。

そのためまずは「認知度」や「信頼性」の獲得が必要となり、SNSアカウントを育てるまで収入は見込めない点に注意が必要です。一方で、他のアカウントと差別化をはかり、有益な情報を発信してアカウントが育てば安定的な収入につながります。

2. アフィリエイトブログ

アフィリエイトブログとは、ブログ経由でASPに登録されている商品やサービスを紹介し、ユーザーが購入することで報酬を得る仕組みを指します。

【アフィリエイトブログの特徴】

  • 専門性が高く有益な情報をまとめられれば、毎月の収入源が確保できる
  • Googleのコアアルゴリズムアップデートなどの影響を受けやすい
  • 成果が出ればWebライターなど別の副業もしやすい

ブログを立ち上げてすぐに読まれることは少なく、安定して読まれるのは立ち上げから数ヵ月かかることもあります。一方でターゲットを整理し、戦略を練った上で記事制作をすれば月に数万PV(閲覧)を目指すことも可能です。

たくさん読まれるようになれば安定的な収入につながります。また、クライアントワークで紹介した「Webライター」と相性も良いです。すぐお金が欲しい場合はWebライター、長期的な目線で収入を得たい場合はアフィリエイトブログを選ぶと良いでしょう。

3. 物販アフィリエイト

物販アフィリエイトは、Amazonや楽天などにある商品を販売し、商品が売れることで報酬を得られる仕組みを指します。

【物販アフィリエイトの特徴】

  • 過去に購入したおすすめの商品などを紹介して収入が得られる
  • Amazonプライムデーなどのセールのタイミングで、大きな収入が見込める
  • 報酬の単価がASPの案件と比べて低い

物販アフィリエイトでは、商品レビューなどの記事でアフィリエイトを行います。たとえば、おすすめの「マウス」や「キーボード」などを紹介する「ガジェットブログ」などを立ち上げるなどでの方法があります。

また「Amazonプライムデー」や「楽天スーパーSALE」などの、商品が安くなるタイミングで売上が上がりやすい特徴があります。紹介しやすいよう、普段からSNSアカウントを育てておくことが重要です。

パソコンを使ったコンテンツ販売の副業3選

パソコンを使ったコンテンツ販売の副業には、このようなものがあります。

副業 概要
テキストコンテンツ販売 note』などでテキストコンテンツの販売を行う
動画コンテンツ販売 mish』などで動画販売を行う
写真・画像販売 PIXTA』などで写真・画像の販売を行う

※サービス名をクリックすると、詳細までスクロールします

1. テキストコンテンツ販売

培ってきたノウハウや経験を活かした記事を作成し『note』や『brain』などで販売する方法です。

【テキストコンテンツ販売の特徴】

  • 培ってきた経験やノウハウを活かして副業できる
  • SNSアカウントが育てば、安定的な収入につながりやすい
  • brain』など、別の人が作ったコンテンツを紹介して報酬を得る方法もある

当然ですが、作成するテキストコンテンツに価値がなければ売れません。誰かの悩み解決につながる、具体的な情報をまとめることが重要です。

たとえば「5分でできるAI画像生成の方法」を販売するとなると、生成した画像だけでなく「具体的な指示文(プロンプト)」なども載せる必要があります。SNSでフォロワーを増やし、有用なノウハウを販売するのが王道です。

2. 動画コンテンツ販売

mish』などの動画販売プラットフォームを利用して、自分で作成した動画を販売します。

【動画コンテンツ販売の特徴】

  • ノウハウを動画にまとめて販売できる
  • 価値の高い動画を作るために、編集技術が求められる
  • SNSで露出を増やすなど、集客の準備が必要となる

テキストコンテンツ同様、何らかのスキルがあれば動画コンテンツ販売が可能です。しかし動画を作成するため、自分で編集または、動画編集者に編集を依頼する必要があります。

動画編集者を目指して編集スキルを身につけたり、編集者に仕事を依頼する余裕ができてから挑戦することをおすすめします。

3. 写真・画像の販売

ストックフォトサービスと呼ばれるサービスに写真や画像を登録します。ダウンロードされたときにロイヤリティ(特許権・商標権・著作権などの使用料)」として報酬が支払われます。

【写真・画像販売の特徴】

  • 自分の好きなペースで副業しやすい
  • 需要の高い写真や画像を用意できれば、安定的な収入につながる
  • サービスによっては、AIを使った写真・画像の販売もできる

写真撮影やレタッチなど、クオリティの高い画像を用意するスキルがあれば、写真・画像の販売は非常におすすめです。ダウンロードされやすい画像を作成できれば、安定的な収入につながります。

たとえばPIXTAの場合は、写真が購入された際のコミッション率(売上に対して支払われる割合)が以下のように決まっています。

  • 一般:22%〜42%
  • 専属:30%〜53%
  • 人物専属:42%〜58%

参考:PIXTAガイド

パソコンの副業を探せるおすすめサービス3選

副業の種類だけ見ても「求められるレベル」や「単価感」などをイメージできない方も多いと思います。このような場合は、副業案件を探せるサイトを利用するのがおすすめです。

ここでは、パソコンの副業を探せるおすすめのサービスを3つ紹介します。特徴を以下の表にまとめているので、気になるサービスがあればサービス名をクリックして詳細をご確認ください。

サービス名 特徴
クラウドワークス ・副業案件が探せるクラウドソーシング
・過去の案件などを見て、副業のレベル感も確認しやすい
ココナラ ・自分の得意なことやスキルを販売できる
・サービスを登録すれば待ちの営業ができる
シューマツワーカー ・週末に働ける案件を多く取り扱っているエージェントサービス
・エンジニアやデザイナーなどの案件が豊富にある

※サービス名をクリックすると、詳細までスクロールします

クラウドワークス

クラウドワークスはクライアントと働き手をつなぐマッチングサービス。案件数が豊富にあり、無料で利用できます。

【クラウドワークスの特徴】

  • 1万件以上の案件が登録されている
  • 未経験可の仕事もあり案件を探しやすい
  • アカウントが育つと名指しで依頼が来るようになる

他のクラウドソーシングサービスと比較しても、クラウドワークスは案件数が非常に多いです。2023年10月末時点で、1万件以上の案件が公開されています。

単価感や未経験可の案件など、条件を絞り込んで自分に合った仕事を探したいときにおすすめです。また、案件数をこなすたびにアカウントの評価がつくため、継続するほど案件を獲得しやすくなります。

DMで直接依頼が届くこともあるため、副業案件を探すときは最初に登録しておきたいサービスです。

サービス名 クラウドワークス
公式サイト https://crowdworks.jp/
おすすめな人の特徴 ・自分に合った条件の副業案件を見つけたい人
・初心者でも取り組みやすい案件から副業を始めたい人

ココナラ

ココナラ

▲出典:ココナラ

ココナラは自分の得意なことやスキルを登録し、販売できるサービスです。

【ココナラの特徴】

  • 自分のスキルや経験を活かした、オリジナルのサービスを作って販売できる
  • サービスに興味を持ってくれた方から受注できるため、待ちの営業ができる
  • 自分から仕事を探す機能や、スキルを証明するブログ機能などもある

本業などで既に何らかのスキルを持っている場合は、ココナラがおすすめです。たとえばイラスト制作の仕事をしている場合は、登録するだけですぐにサービス販売ができます。

サービスは途中で金額の変更も可能なので、低価格でサービスを始めて実績を積み、徐々に単価を上げていくことなども可能。仕事を探せる機能もあります。

サービス名 ココナラ
公式サイト https://coconala.com/
おすすめな人の特徴 ・何らかの専門的なスキルを持っている人
・待ちの営業ができるサービスを探している人

シューマツワーカー

シューマツワーカーは、平日の夜や土日などにできる副業案件を取り扱っているエージェントサービスです。

【シューマツワーカーの特徴】

  • スキマ時間で働ける案件が豊富
  • 興味のある案件に応募し、面談した上で仕事が始まる
  • 困った時はコンシェルジュにサポートしてもらえる

シューマツワーカーは週1日から働ける案件などが豊富にあり「エンジニア」や「デザイナー」、「マーケター」などの案件を多く取り扱っています。

そのため本業が上記のいずれかの職種の場合は、とくにおすすめ。少ない時間から働ける案件や、時給4,000円以上の案件もあります。

サービス名 シューマツワーカー
公式サイト https://shuuumatu-worker.jp/
おすすめな人の特徴 ・Web系のスキルや実務経験がある人
・少ない時間で高収入を目指している人

なお、副業案件を探せるサイトは他にもいろいろあります。以下でカテゴリ分けして紹介しているので、あわせてご一読ください。

パソコンの副業で失敗しないためのコツ3つ

初心者が始めやすい副業もありますが、副業を始める前にいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

ここでは、パソコンの副業で失敗しないためのコツを3つ紹介します。

  1. 会社で副業が禁止されていないか確認する
  2. 副業に割ける時間を整理して目標を決める
  3. 初心者を狙った悪徳案件に気をつける

コツ1. 会社で副業が禁止されていないか確認する

会社によっては、就業規則により副業を禁止しているケースもあります。副業の禁止が認められるケース、認められないケースもあるので確認しておくことがおすすめです。

コツ2. 副業に割ける時間を整理して目標を決める

プライベートな時間は、本来「リフレッシュ」や「趣味」などに充てる時間です。たとえ収入を増やす目的であっても、副業に割く時間は決めておくことがおすすめです。

決めておかないと、以下のような問題が起こります。

  • 土日に仕事を詰め込んでしまい、平日になっても疲れが取れない
  • 仕事だけを擦る日々が続いてしまい、精神的につかれてしまう

体調を崩してしまうこともありますし、副業が原因で体調不良が続くと、会社から副業を禁止される可能性もあります。

「休息をとる時間」を考えつつ、副業に使う時間を決めて取り組みましょう。

コツ3. 初心者を狙った悪徳案件に気をつける

いざ副業を始めてみると、意外とたくさんの案件があり、驚く方も多いです。しかし、中にはいわゆる「搾取」につながる悪徳案件もあるため、注意しなくてはなりません。

とくに「初心者歓迎」「マニュアルあり」「すぐに稼げる」などのタイトルがついた案件では、著しく単価が安く設定されていないか確認することをおすすめします。

また、一気に大量の数の仕事を募集している案件にも注意が必要です。たとえばWebライターの案件では「10記事納品が終わり次第支払い」などの案件もあります。数記事執筆した後に継続が難しくなり、完遂できずに報酬を得られないケースもあるので注意しましょう。

パソコンで副業するときよくある3つの質問

最後に、パソコンで副業をするときによくある質問とその回答を紹介します。

  • 副業で月5万円を達成するにはどうすればいいの?
  • パソコンの副業スキルを身につける方法は?
  • 副業で使うパソコンはどうやって選べばいいの?

質問1. 副業で月5万円を達成するにはどうすればいいの?

副業で月5万円などの目標がある場合は「副業に使える時間」と「1つの案件対応にかかる時間」をもとに、目的達成につながる単価を目指すことが重要です。

たとえば、Webライターで月5万円を目指す場合の例を見てみましょう。

仮に、月に30時間程度働きたいとしましょう。1記事執筆するのに3時間かかるとすると、副業に使える場合は最大で10記事が限界です。10記事で月5万円を目指す場合、1記事5,000円の単価を目指す必要があります。

1記事3000文字の場合は、文字単価1.7円を目指せば到達できます。このように「時間」と「単価」を考慮し、目標に向けて実績を積んでいくことが重要です。

なお、月10万円を稼ぐ方法やおすすめの仕事は以下でまとめているので、あわせてご一読ください。

質問2. パソコンの副業スキルを身につける方法は?

副業スキルを身につける方法は、以下のように色々あります。

  • 学習サイト
  • 書籍
  • スクール

無料で学習を始めたい場合は、学習サイトの活用がおすすめです。以下のように、習得したいスキルに合わせた学習サイトが豊富にあります。

とはいえ、独学で学ぶときは「モチベーションを維持しづらい」「困った時に相談できない」などの問題がつきまといます。もしもモチベーションを保ちつつ、プロに相談しながらスキルを習得したい場合は、スクールの受講がおすすめです。

Webデザインやエンジニアを目指す方におすすめのスクールは、以下で詳しくまとめているのでご活用ください。

質問3. 副業で使うパソコンはどうやって選べばいいの?

副業に使うパソコンは、自分がやりたい副業を快適に動作できるレベルで問題ありません。しかし「デザイナー」や「動画編集者」など、職種によっては、ある程度のスペックが必要となることもあります。

たとえばデザイナーや動画編集者で使うツールの場合、以下のようにパソコンの最少要件(最低限動くスペック)が決まっています。

ツール名 最小要件
Photoshop ▼CPU
・64 ビットをサポートしているIntel®
・AMDマルチコアプロセッサー
(SSE4.2以降の2GHz以上のプロセッサー)
▼メモリ
・8GB
▼GPU
・DirectX 12(機能レベル 12_0 以降)をサポートしているGPU
・1.5GBのGPUメモリ
・販売開始から7年未満のGPU
Premire Pro ▼CPU
・Intel® 第6世代以降のCPU
・AMD Ryzen™ 1000シリーズ以降のCPU
▼メモリ
・8GB
▼GPU
・2GBのGPUメモリ

扱うツールに合わせて、必要なスペックのパソコンを用意しましょう。

まとめ

今回は、パソコンでできる副業の例や、副業で失敗しないためのコツなどを紹介しました。「月5万円」や「スキルアップ」などの目標達成に向けて、手軽に始められる副業から試してみてください。

もしも本業のスキルを活かして副業案件に取り組む場合は、以下の副業案件が探せるサービスの登録をおすすめします。ぜひ自分に合った案件を探してみてください。

サービス名 特徴
クラウドワークス ・副業案件が探せるクラウドソーシングの1つ
・過去の案件などを見て、副業のレベル感も確認しやすい
ココナラ ・自分の得意なことやスキルを販売できるサービスの1つ
・サービスを登録すれば待ちの営業ができる
シューマツワーカー ・週末に働ける案件を多く取り扱っているエージェントサービスの1つ
・エンジニアやデザイナーなどの案件が豊富にある

(執筆:しろ 編集:少年B)

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週2日20万円以上のお仕事多数
Workship