SNS副業ではどうやって稼ぐ? 報酬発生の仕組みや安定して稼ぐコツを解説

FREELANCE

SNS(ソーシャルネットワークサービス)を使ってお金を稼ぐ「SNS副業」。場所を問わず、スマホさえあれば始められるため、コロナ禍をきっかけに注目されるようになりました。

しかし「SNS副業はどのような仕組みで稼ぐのか?」「SNS副業には詐欺など危ないイメージがある……」など、さまざまな疑問があってチャレンジできない方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、SNS副業でお金を稼ぐ仕組みやコツ、求められる知識、稼げる相場額や仕事を安定させる方法を解説します。

SNS副業とは?

本記事では、SNSを使ってお金を稼ぐ方法すべてを「SNS副業」と定義します。

Twitter、Instagram、YouTube、TikTokなどのSNSを使い、商品やサービスを売って収益を得るのがSNS副業です。アフィリエイト広告、企業PR案件、ライブ配信などがそれにあたります。

SNSに触れる時間が多くなるため、SNSの扱いに慣れている方におすすめの副業です。

▲出典:doda

また2021年8月に行われたdodaの副業実態調査によると、調査対象となった社会人15,000人のうち副業をしているのは約25%、そのうち約13%がアフィリエイト広告などのネットビジネスを行っていることが分かっています。SNS副業もこの中に含まれるでしょう。

SNS副業の仕事内容

仕事内容1. アフィリエイト広告

SNS副業の主な仕事内容として、アフィリエイト広告があります。

アフィリエイト広告とは、SNSで紹介した商品やサービスの広告を通じて購買が発生した場合、成果報酬を得られる仕組みのこと。

たとえば、あなたがSNSで「この商品が良かったよ!」とアフィリエイト広告付きで紹介したとしましょう。その投稿を見たフォロワーが、広告を通じて商品を買ってくれたら、あなたにも数%の報酬が入ります。「紹介してくれてありがとう!」と企業から謝礼をもらうイメージです。

1クリックにつき○円など、購入に至らずともクリックのみで収益が発生するパターンもあります。

ただし、アフィリエイト広告は「成果報酬型」です。クリックや購買が発生しない場合は、収益もゼロとなります。

仕事内容2. 企業PR

企業から商品やサービスの紹介を直接依頼されるケースもあります。いわゆる「企業案件」と呼ばれるものです。

クリックや購買などの結果に結びつかずとも、紹介しただけで事前に取り決めた額の報酬が得られます。アフィリエイト広告よりも簡単で確実なイメージがあるでしょう。

しかし企業からPR依頼をされるのは、ある程度のフォロワー数がいるインフルエンサーに限られます。

仕事内容3. 動画&ライブ配信

YouTubeやTikTokなどの動画プラットフォームで収益を得る方法には、おもに以下の2つがあります。

  • 広告収入
  • 投げ銭収入

YouTubeでは、チャンネル登録者数が1,000人以上かつ公開動画の総再生時間が4,000時間以上の場合、動画に広告をつけられるようになります。このシステムで得られる広告収入が、動画配信での主な収入源です。

またYouTubeには「スパチャ(=スーパーチャット)」、TikTokには「ギフト」と呼ばれる投げ銭機能があります。その名の通り、ライブ配信をリアルタイムで視聴しているユーザーから「おひねり」をもらう機能です。

初心者がある程度の収益を見込むには、ハードルが高い方法かもしれません。しかし、コツコツとフォロワーを集め配信を重ねていけば、大きな収益に繋がる可能性もあります。

おすすめのライブ配信アプリについては、以下の記事をご参照ください。

SNS副業に必要な知識&スキル

▲出典:pixabay

1. SNSの知識

SNSを使った副業である以上、SNSにまつわる知識は必須です。

同じ「SNS」であるTwitterやInstagramを比べてみても、その特徴は違います。どんな投稿内容が見られやすいか、どんな世代が使っているか、文章・写真・動画のうちマッチする形式はどれかを見極めることが大切です。

TwitterやInstagramはもちろん、最近はYouTubeやTikTokなど動画系SNSも台頭しています。それぞれのSNSの特徴を踏まえたうえで、自分がやりたいことに合うSNSを探しましょう。

2. マーケティングの知識

SNSを使ってアフィリエイト広告や企業PR案件をおこなう上で、マーケティングの知識はとても役立ちます。

さまざまなサービスや商品の魅力を知り、それをどう広げていくか。潜在顧客や見込み顧客にアピールする方法や、ブランドのファンを増やすコツなどを自発的に学び、生かす姿勢が求められます。

マーケティングに関する資格は『マーケティング検定』『IMA検定』『ネットショップ検定』などがおすすめです。

マーケティングを学べるおすすめスクールについて、以下記事もご参照ください。

3. 流行をキャッチアップするスキル

SNSやマーケティング知識と同じように、日頃から流行を追うことも大切です。自身の好き嫌いに関わらず、世間でどんなものが流行っているかを知っておくのは、時代感覚を養ううえで重要になります。

自身がユーザーである場合、平成初期に多く見られた手法で売り出されているサービスや商品を「欲しい」と思うでしょうか?

サービスや商品そのものの質が良いことは大前提です。それらをより魅力的に見せるためのコツは、流行に敏感な時代感覚があってこそ磨かれるもの。自身が広告塔となるライブ配信の場合も、その感覚はとても役立ちます。

SNS副業のメリット

▲出典:pixabay

メリット1. スキマ時間を有効活用できる

手元にスマホさえあれば始められるSNS副業。以下のようなスキマ時間を上手く使えば、本業や私生活への影響ゼロで収益を得られます。

  • 本業の休憩時間、休日
  • 電車などの移動中
  • テレビやYouTubeを見るだけの時間
  • 予定と予定の合間
  • 起床後や就寝前にスマホを触る時間

なんとなく時間が空いたらスマホを触っていた方も多いはず。これらの時間の一部でもSNS副業にあてれば、上手く本業と並行して進められます。

メリット2. SNSやマーケティングの知識がつく

前述したとおり、SNS副業を軌道に乗せて収益を得るためには、SNSやマーケティングの知識が必要です。

売り出したい商品やサービスの特徴をつかむのはもちろん、市場の動向をチェックするのも大切。どんな写真を載せればユーザーの購買欲をかき立てられるか、どんな文章を添えればユーザーの心に響くか。SNS副業をしながら、自然と”嗅覚”が磨かれるでしょう。

またSNS副業でつちかった感覚や経験は、Webライターやメディア運営など、ほかの仕事への汎用性もあります。

メリット3. 元手0円で始められる

元手0円で始められるのも、SNS副業の外せないメリットです。

SNS副業のために新しくスマホを買わなければいけない、といったケースは少ないでしょう。ほとんどの場合は、すでに持っているスマホでSNS副業を始められます。

いくつかのSNSアカウントを運用している場合も、商品やサービスごとに新しくアカウントを開設すれば問題ありません。

SNS副業のデメリット

▲出典:pixabay

デメリット1. 軌道に乗るまで時間がかかる

SNS副業は、安定した収益を得るまでに一定の時間がかかります。「1週間や1ヶ月でまとまったお金が発生した!」といったケースは稀です。

後ほどご紹介する書籍『ズボラでも成功できるSNS副業のトリセツ』著者・あずさんの場合は、2017年11月にブログを始めるも、初めて収益が出たのは2018年の2月。それも2500円です。

その後、約4万円の収益に至るまでに1年ほどの時間をかけています。扱う商品やサービス、やり方にもよるため一概には言えませんが、収益を安定させるまでには年単位の時間がかかることを心得ておきましょう。

デメリット2. 細かい作業が多い

SNS副業には細かい作業が付き物です。商品の写真を撮ったり、写真の順番を考えたり、投稿する文章を考えたり。そもそもSNS自体が苦手だと、これらの作業も苦痛なだけになってしまうかもしれません。

細かい作業に没頭できる、単純作業を繰り返すのが好きな方にこそおすすめの副業です。

デメリット3. 収益が発生しない可能性もある

せっかくSNS副業を始めても、まったく収益が発生しない場合もあります。

仮に数ヶ月かけても収益0だったとしたら、いくつかの原因が考えられるでしょう。商品やサービスに合ったアピールができていない、必要としているユーザーに届けられていない、SNSの選定を間違えている、など。

始める前にあれこれと考えて手が止まるよりも、まずは始めてからやり方を模索するほうが、上手くいきやすいかもしれません。書籍やネット記事などでコツを学び、反映させていきましょう。

SNS副業ではどれくらい稼げる?

SNS副業で稼げる額は、アフィリエイト広告をするか、それとも企業案件やライブ配信をメインにするか、手法によっても左右されます。

ズボラでも成功できるSNS副業のトリセツ』著者・あずさんの収益は、2017年11月にブログを始め、しばらくは数千円〜数万円のあいだで幅がありました。その後、2019年4月には20万超え、同年12月には80万超えを達成しています。

パソコンも持ってなかった私がTwitterで年商1億円稼ぐ理由。』著者・あいめこさんは、その書名のとおり年商1億のSNS事業コンサルタント会社を起業されています。

個人や法人問わず、SNS副業でどんなものを売りたいか、どんなことをやってみたいかによって、得られる収益にも幅が出ることが分かってもらえたのではないでしょうか。

SNS副業で安定的に稼ぐコツ

▲出典:pixabay

SNS副業で安定的に稼ぐためには、おおむね10,000人以上のフォロワーがいることも基準となります。アフィリエイト広告やライブ配信を見る可能性のある”母数”が多ければ多いほど、収益に繋がる割合も増えるためです。

フォロワーを増やしつつ、安定して稼ぐ3つのコツをご紹介します。

コツ1. トレンドに合った発信をする

流行に合わせた情報発信を心がけましょう。

たとえばPCやスマホ周りのガジェットを紹介するアカウントなら、Appleの新製品レビューをいち早く投稿するのが効果的です。家事や育児のノウハウ系アカウントなら「新発売のお役立ち100均グッズ」を紹介するのもよいでしょう。

トレンド発信をするためにも、アカウントには2〜3つほどのテーマを定めておくのがおすすめです。あれこれ発信しすぎてテーマがブレてしまうと、客観的に見た時に何のアカウントかわからなくなり本当に届けたい層に届けられなくなってしまいます。

コツ2. フォロワーとの信頼関係を築く

フォロワーを増やし、安定して稼ぐためにも、信頼関係を築くことが大切です。

フォロワーを増やしたいがあまりに、投稿やプロフィール文に「○○をやるだけで○億円稼げる!」「○○をしないと人生ドン底!?」など、必要以上に煽る言葉を入れているアカウントが散見されます。

あなた自身、こういったアカウントを見て「フォローしよう」と思うでしょうか?

一言で劇的にフォロワーが増える魔法の言葉はありません。何について情報発信をするアカウントなのかを分かりやすく定めたうえで、毎日コツコツと役立つ情報を発信すること。フォロワーとの信頼関係を築くために欠かせない心構えです。

コツ3. ”続ける”仕組みを構築する

始めるのは簡単なSNS副業。しかし、収益を安定させるまでに時間がかかる性質上、コツコツとした作業を続けていく仕組みをつくることが大切です。

そのためには「習慣化」を意識することをおすすめします。

たとえば、誰でも朝起きたら顔を洗ったり歯を磨いたりするでしょう。これら当たり前の行動は、すでに習慣として日常生活に組み込まれています。そのため、苦もなく行動できるのです。

これら当たり前の日常的な行動に、SNS副業にまつわる作業をセットにすれば、自然と毎日SNS副業を続けていけるのではないでしょうか。

SNS副業について詳しく知れるおすすめ書籍

▲出典:pixabay

最後に、SNS副業について学ぶのにおすすめの書籍を2冊ご紹介します。

SNS副業を取り扱った書籍は増えていますが、なかでも初心者向けに特化した2冊をピックアップしました。とくに家事や育児のため、副業に割ける時間が限られている方におすすめです。

1. ズボラでも成功できるSNS副業のトリセツ – あず

SNS副業のトリセツ

▲出典:Amazon

ズボラでも成功できるSNS副業のトリセツ』は、ワーキングママである著者・あずさんが書かれた1冊。自身の経験を軸に、とにかく初心者向けに寄り添った内容です。SNS副業にまつわる疑問は、この書籍を読めばたいていは解決するほど、概要がまとまっています。

Twitter向けの事例も盛り込まれていますが、ほとんどはInstagramを利用した収益化の方法がメインです。美容系や育児系、100均やIKEAなどのお役立ちグッズ系を取り扱う場合は、とても参考になります。

2. パソコンも持ってなかった私がTwitterで年商1億円稼ぐ理由。 – あいめこ

1億稼ぐ

▲出典:Amazon

パソコンも持ってなかった私がTwitterで年商1億円稼ぐ理由。』は、シングルマザーであり、女性副業家でもある著者・あいめこさんが書かれた1冊。Twitterを使った副業に特化した内容で、ある程度SNSの扱いに慣れている方向けの書籍です。

前半には、著者自身の生い立ちや、SNSをきっかけに起業に至るまでのヒストリーが書かれています。後半には、実際に商品やサービスをバズらせた投稿例をはじめ、アカウントのファンを増やす方法や運営を継続化させるコツなど、実用的な内容も。

まずは「ズボラでも成功できるSNS副業のトリセツ」でSNSの概要をつかみ、興味が出てきたら「パソコンも持ってなかった私がTwitterで年商1億円稼ぐ理由。」で具体的なコツを参考にしつつアカウントを運営してみる、といった流れがおすすめです。

おわりに

SNS副業は、スマホさえあればスキマ時間でお小遣いが稼げる副業です。

数万円の報酬を得るには、ある程度の時間が必要かもしれません。しかし本業の傍らで挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか? ぜひ、試してみてください。

(執筆:北村有 編集:米山)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
#フリーランス大会議 仕事の単価の決め方