株式会社croppre

http://croppre.com/

「誰もが未来を拓けるように。」
というミッションを掲げ、アフリカ・ウガンダで事業を行っています。

①オフショア開発事業
アフリカ・ウガンダのトップ大学を卒業したエンジニアを育てながら、
日本企業や国際的な援助機関などにむけてスマートフォンアプリ開発を行う。

②小売店向けスマホ帳簿アプリShopto
アフリカのキオスク(小売店)向けスマホ帳簿アプリShoptoを開発・提供中。

アフリカでは、スーパーやコンビニがなく、
道端に建つキオスク(生活用品や食料品を販売する小売店のこと)が
食料品や日用品などを買う上での重要なインフラとなっています。

その数は、人口比にして100人に1店舗
日本のコンビニの20倍の数があります。


多くのキオスクは個人事業主により営まれていますが、
「情報の収集・分析・活用」に大きな課題があります。

ほとんどの場合レジはなく、紙とペンを使って売上の記録をしています。
非常に面倒であるとともに、集計ができず、売上や利益を把握できていません。
また、単品ごとに「いつ、何を、いくつ」仕入れるか考える上で
必要なデータを整理することもできません。

そこで私たちは、売上と仕入れを簡単に記録でき、
利益や在庫がチェックできるスマホ帳簿アプリShoptoを開発しています。
このアプリの導入により、
キオスク店主さんは、お店を適切に経営・成長していくことができます。

----------------

【なぜやるのか】

私がアフリカに渡航した際に感じたのは、
多くの人が今を楽しんでいるものの、未来に希望を抱けずにいることでした。
努力が実りづらい環境が、未来を諦めさせていたのです。

人の可能性を発揮することで、その人個人も幸せになり、
国全体としても、大きく発展していける。

今開花してない人の分だけ、アフリカは、大きな可能性を秘めているのです。


そんなアフリカ・ウガンダの地で、私たちは、
- 将来国を背負うような優秀な人材を育てること
- 小売店を起点に産業を盛り上げ、雇用を生み出すこと
を目指し事業を行っています。

----------------

【どうやっているのか】
現在は、ウガンダ首都カンパラにて、POSレジアプリの検証を行っています。
これまで、テストユーザーさんに利用いただきながら、アプリの作り込みを行ってきました。

また、昨年11月には、自社で小売店舗をオープン。実験店舗として様々なテクノロジーや施策を実験しながら、事業戦略やプロダクト開発に役立てています。

Workshipでできること
今すぐ無料会員登録

ご登録頂いたフリーランスの方向けに便利な専用機能があります。
無料登録を行って、効果的にプロジェクトを探してください。

専属の担当者から案件のご紹介も出来ます