1994年の創業以来、EC事業を中心に躍進しきたAmazon。

現在ではスマートスピーカーの『Amazon Alexa』や、ドローンを利用した配達の開発をするなど、技術革新をリードする企業にもなりました。オンラインストアという枠を超えて、私たちの生活に変革をもたらす世界的企業です。

今回はそんなAmazonの顔である、ロゴの意味と歴史を振り返ってみましょう。

Amazonの歴史

Amazon Logo History

1994年、ジェフ・ベゾス氏によって会社が設立された当時、社名はAmazonではなくCadabraでした。しかし死体を指す「cadaver」という単語に響きが似ていたことから、わずか数ヶ月で社名をAmazonに変更されましまた。

Amazonは設立時、小さなオンライン書店でしたが、じつは当初から経営はとてもうまくいっていました。最初の数ヶ月だけで、2万ドルもの利益を上げたのです。

ご存じのとおり現在のAmazonでは、書籍だけでなく、食品や日用品、ガジェットなど、あらゆるものが購入できます。また高画質の映画やドラマ、オリジナル番組を視聴できる『Amazon Prime Video』や、電子書籍サービスの『Kindle』なども人気です。Amazonの人気は衰えることを知らず、いまも成長を続けています。

そんな輝かしいAmazonの歴史は、つねにロゴとともにありました。

Amazon Logo History

Amazonロゴの2つの意味

Amazon Logo History

Amazonのロゴは、会社の成功と切っても切れない存在です。大規模なグローバル企業であるAmazonにとって、ロゴは世界中の顧客がAmazonのことを考えるたびに思い浮かべる存在です。

Amazon Logo History

馴染みのある現在のAmazonのロゴは、小文字で社名が書かれており、aとzが矢印で結ばれているシンプルなデザイン。

ロゴの矢印は、2つの意味を表現しています。ひとつは「アルファベットのAからZまで、あらゆる商品を網羅している」という意味。そしてもうひとつは「笑顔」のモチーフです。

Amazonロゴはなぜ黒&オレンジなのか

Amazon Logo History

Amazonは、黒で「権威」「優雅さ」を、オレンジで「幸福」「誇り」をあらわしているそうです。

オレンジと黒という色の組み合わせの効果力もあり、消費者の記憶に残るデザインに仕上がっています。

Amazonロゴの変遷

世界中で愛されるAmazonのロゴですが、サービス開始時はまったく違うデザインでした。

現在のロゴになるまでどのような変化があったのでしょうか。Amazonのロゴの歴史をご紹介します。

1994年

Amazon Logo History

1994年のロゴは、川の流れのモチーフとAmazonの頭文字「A」を組み合わせたデザイン。いまとまったく違いますね。

ロゴの下には「Earth’s biggest bookstore(地球最大の書店)」と書かれており、当時は本のみを販売していたことが、ロゴからもわかります。

ロゴ全体を水のイメージで覆ったのは、「Amazonと他社を引き離す」という意味が込められていたようです。

このロゴは創業者のベゾス氏の依頼により、ターナー・ダックワース氏がデザインしました。

1998年

Amazon Logo History

1998年にロゴのデザインが大幅に変更され、現在のロゴにグッと近づきます。

唯一の違いは、文字の下に引かれた線のデザインです。

またロゴの上部に「BOOKS, MUSIC & MORE」というキャッチフレーズが挿入されることもあったようです。

2000年

Amazon Logo History

ロゴに矢印が登場したのは2000年のこと。文字の下全体に引かれていた線が短縮されて、aとzを繋いでいます。

いまも使われ続けているこのロゴは、世界でもっとも人気があるロゴのひとつです。

2002年

Amazon Logo History

2002年以降は、ロゴの下に「and you’re done(Amazonだけですべてが事足りる)」というスローガンが加わることもあります。

Amazonが書籍が音楽だけではなく、あらゆる領域に進出していることを象徴していますね。

Amazonロゴの人気の秘密

Amazon Logo History

ロゴをデザインする際に重要なのは、ブランドの理念を反映させること。Amazonは、まさにこれを実行しています。またAmazonのようにスローガンをロゴに入れれば、会社が提供する価値を効果的に消費者へ伝えられますね。

Amazonは、商品購入代金の一部を慈善団体に寄付する『AmazonSmile』というサービスが存在します。もちろん、ロゴとの繋がりを意識したものでしょう。こうした工夫も、マーケティングに効果的です。

おわりに

Amazonのロゴの魅力は、なんといってもそのシンプルさ。ロゴがシンプルだと、人々は自然にロゴを覚えて、会社と結びつけて記憶してくれます。

この先どのようにAmazonのロゴが変化するのかは未知数ですが、きっとこのシンプルさは保たれるはず。お手本にしたいデザインです。

 

執筆:Design your way
翻訳:Nakajima Asuka
編集:はつこ

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ