Twitterのロゴの歴史。小鳥に秘められた意味とは?

Twitter ロゴ 歴史

つねに世のトレンドを生み続けているTwitter。一般の人はもちろん、著名人から企業アカウントまで、さまざまな層で賑わっています。

実は、Twitterの象徴である「小鳥」は、サービス開始時には存在していなかったことをご存じですか?

今回はTwitterの歴史とともに、Twitterロゴに秘められた意味を紐解いていきます。

Twitterの歴史

Twitter ロゴ

▲ジャック・ドーシー氏がTwitterを構想した際の、最初期のスケッチ(出典:Twitter Blog

Twitterのアイディアは、当時大学生であったジャック・ドーシー氏により発案されました。当初はWeb上からタクシーや救急サービスを利用できる仕組みを考え、展開を検討していました。

しかしその後、よりリアルタイム性が高く、インスタントメッセンジャーのように手軽な投稿ができるサービスを作りたいと思いついたそう。道端からリアルタイムに自分の状況を知らせ、他人の状況を知れるメッセンジャーのようなサービスとして、Twitterの前身『twttr』の構想が立ち上がりました。

開発当初はSMSベース(140文字制限)であったため、1ツイートにつき最大140文字に制限され、それが現在まで続いています。なお2017年以降、日本語・中国語・韓国語以外の言語では、280字までツイートできるようになりました。

2006年にジャック・ドーシー氏は、エヴァン・ウィリアムズ氏とビズ・ストーン氏の在籍する会社・Odeoへオファーをかけます。Odeoは当時、ポッドキャスティングサービスのプラットフォーム化を目指していましたが、Appleが提供する「iTunes」に先を越されてしまい、新しい事業のアイデアを求めていました。Odeo側はこのシステムを気に入り、2006年3月21日にジャック・ドーシー氏、エヴァン・ウィリアムズ氏、ビズ・ストーン氏の3人でオブビアス社(現Twitter社)を設立します。

Twitter ロゴ Jack Dorsey

▲出典:TechCrunch

Twitter社を設立した日に、ジャック氏は『twttr』のサービスを開始することをツイートしています。

Twitter公式ブログによると、Twitterの名称は、サービスを利用した際になにが起きるかを元に考案されたそう。誰かがツイートすると携帯電話が鳴ったり震えたりすることから、「twitch(携帯がピクッとする)」がサービス名称の候補に。そこから、辞書上で「twitch」の次に並ぶ「twitter」が目に入り、サービス名として『Twitter』が採用されました。

「twitter」は英語で「さえずり・興奮」「無駄話」。「tweet(ツイート)」は「鳥のさえずり」を意味します。

2007年、GoogleやUberの元開発者であるクリス・メッシーナ氏が、ツイートを整理するために「#(ハッシュタグ)」を提唱。これが世界初の「#(ハッシュタグ)」機能の始まりです。現在はTwitter以外のSNSでも利用されています。

2008年4月23日には、はじめて日本語版Twitterがリリース。当時は「〜なう」という文面が多く、個人の近況報告が主でした。その後2010年に、ツイートを自分のフォロワーにシェアする「リツイート機能」が実装され、現在のTwitterの形になりました。

以降、有名人や企業の「公式アカウント」「ミニブログ」や、マーケティング目的での運用、災害時の情報発信・収集のツールとしても活用され、Twitterは社会に大きな影響を与え続けています。

Twitterのロゴの変遷

2006年

Twitter ロゴ

▲出典:fandom.com

2006年に、創業メンバーの一人であるビズ・ストーン氏によってデザインされました。

サービス名の候補であった「twttr」の緑色の文字に、水滴が描かれています。

実際に利用されたのはほんの数ヶ月でした。

2006年

Twitter ロゴ

▲出典:Logopedia

2006年〜2010年に利用されたロゴ。デザイナーのリンダ・ゲビン氏によってデザインされています。

オリジナルフォント「Pico Alphabet」を利用して、水色の文字で「twitter」が描かれています。なめらかな丸みのある形が特徴です。

Twitter ロゴ

「Twitterバード」と呼ばれる小鳥がはじめてデザインされたのも2006年のこと。2006年〜2010年の間に3回デザインが変更されました。

New York Timesによると、Twitterバードは「ハチドリ」と「ムジルリツグミ」をモデルにデザインされているそう。The Awlでは、その鳥の色が水色であったためこの色に起用したと説明されています。

Twitterバードは誕生した当初、ロゴ文字とは別に扱われていました。

2010年

Twitter ロゴ

▲出典:Logopedia

2010年〜2012年に利用されたロゴです。デザイナーのフィリップ・パスクッツォ氏と、ダグラス・ボウマン氏によってデザインされました。

従来のロゴ文字とTwitterバードの2つで構成されています。この小鳥は内輪で「ラリーバード」と呼ばれており、NBAのセルティックスに所属していたラリー・バード氏が由来だそう。

2012年

Twitter ロゴ

▲出典:Twitter

2012年から現在に至るまで利用されているロゴです。文字が省かれ、水色のTwitterバードのみで構成されています。小鳥は以前よりも顔が上がり、丸みをおさえたものになりました。

Twitterバードのデザインは15個の円を重ねて作られており、人間が美しさを感じる黄金比を基にデザインされています。Twiter Blogによると、さまざまな「つながり」「興味」「アイデア」を意味する3つの重なった円から、「円を重ねる」というアイデアを得たそう。

「高い空の上から広大な景色を見渡すにしても、他の鳥たちと同じ目的に向かって進むにしても、空高く飛び立っていく青い鳥は、自由と希望と無限の可能性を持っている」と説明されています。

Twitterのほかにも、Appleのロゴデザインに黄金比が用いられています。

Twitterのロゴのデザイン要素

Twitter ロゴ

▲出典:Twitter

Twitterのロゴはさまざまな変化を経て、シンプルな小鳥のシルエットに落ち着いています。そのデザイン要素を紹介します。

由来

現在のロゴは、小鳥のさえずりを意味するtwitterの単語から、Twitterバードのアイディアを得ています。

黄金比を利用した、シンプルで美しいデザインです。文字をなくし小鳥のシルエットのみにすることで、黄金比の美しさが際立つデザインとなっています。

twitter ロゴ ベン図

Twiter Blogによると、「さまざまなつながり」「興味」「アイデア」を意味する3つの重なった円から、「円を重ねる」というアイデアのインスピレーションを受けたそうです。

Twitterバードのモデルとなった「ハチドリ」と「ムジルリツグミ」の色から着想を得て、水色がイメージカラーとなりました。場面によって、白色の場合もあります。

おわりに

小鳥のシルエットのみで誰もが分かるTwitterのロゴ。

自由、希望、無限の可能性を持って空に高く飛び立つ青い鳥は、流行や時代を先駆け続けるTwitterを象徴し続けるでしょう。

(執筆:上塚千映子 編集:mozuku)

企業ロゴの歴史

ロゴから見るビジネス/デザイン戦略

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
週1〜3 リモートワーク 土日のみでも案件が見つかる!
Workship