【フリーランスエンジニア徹底解説】#年収#案件#スキル#メリットデメリット#在宅#未経験

フリーランス_エンジニア_アイキャッチ
フリーランスエンジニアになりたいけど、年収を維持できるかな……
フリーランスエンジニアになったら案件は継続的に探せるのかな……

と思っている方はいませんか?

個人で仕事をした方が収入を増やせそう……と思っても、いまのスキルでどのくらいの年収になるかイメージできないと、行動に移すのは難しいですよね。また、案件が継続的にとれるか、具体的な案件獲得方法がイメージできない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、「フリーランスエンジニアに必要なスキル、案件獲得方法、メリット、デメリット」をご紹介します。具体的な年収や高単価を目指すための秘訣も解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

現役フリーランスエンジニアの方へ!Workshipなら最短即日で案件マッチングが可能

直近の案件がなく、困っている人もいるのではないでしょうか。

そこでまず、現役フリーランスエンジニアにおすすめのマッチングサービス『Workship』についてご紹介します。

無理せず案件を獲得しやすい仕組みがたくさんあるので、以下の2つの魅力を分けて解説しますね。

  • 土日のみ/週1日など多様なプロジェクトがあり自分にあった案件とマッチング
  • Workshipスコアであなたの魅力を効率的にアピールできる

これからフリーランスエンジニアを目指す人にもおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

土日のみ/週1日など多様なプロジェクトがあり自分にあった案件とマッチング

新しい仕事を探すときは、以下のような不安をもっている人もいるのではないでしょうか。

  • 新しい案件が自分と相性がよいか不安
  • 仕事を掛け持ちしたいけど新しい案件の忙しさがわからない

Workshipでは、「土日のみ」「週1日から」など、稼働を抑えた案件がとても多いです。そのため、いまの案件を進めつつ新しい案件を獲得できますよ。

Workshipスコアであなたの魅力を効率的にアピールできる

Workshipには、独自の評価システム「Workshipスコア」があります。

■Workshipスコアの特徴

  • プロフィールの充実度やWorkship内の行動データをもとにスコアを算出している
  • ブロンズ、シルバー、ゴールド、ダイアモンドという4つのスコアがある
  • スコアが高いほど法人側の検索結果に上位表示される

Workshipスコアは、「いままでの実績」「取引先の評価」などを含めて算出しているため、「過去の実績を企業に評価してもらえる仕組み」です。

ゼロから自分の魅力を伝えなくても済むので、実績数に応じて案件が探しやすくなります。

Workshipは60秒で簡単に登録できるので、登録して週1日からできる案件を探してみてはいかがでしょうか。

Workshipを使ってみませんか? -フリーランス/副業ワーカー向けお仕事マッチング-

Workshipを使ってみませんか? -フリーランス/副業ワーカー向けお仕事マッチング-

詳細

フリーランス利用料無料
登録者数14,000人
マッチング最短即日

フリーランス転身を考える方へ! 退職前から案件をもって収入源を確保しよう

ただ、いきなりフリーランスになるのが不安な方もいるのではないでしょうか。

そこで次に、フリーランスへ転身を考える方におすすめの準備について、以下の3つの視点で解説します。

  • まずは副業から始めててみよう
  • 独立後は週2,3日で50万円を2案件の組み合わせがおすすめ
  • Workshipなら週1日からのプロジェクト単位で参画できる

ひとつずつ詳しく解説します。

いきなりフリーランスエンジニアになるよりもまずは副業から始めてみる

フリーランスになるにあたって不安なのが、「案件をちゃんと獲得できるか」ではないでしょうか。

「エンジニア経験は数年あるけど、フリーランスとして案件が取れるレベルかわからない……」
「スキルに自信はあるけど、案件がすぐにとれるか不安……」

という方がほとんどです。

そんな人におすすめなのが、「副業として案件を始めてみること」です。以下のように、メリットがたくさんあります。

  • 案件をこなして信頼が貯められる
  • フリーランスとして案件を進めるイメージが具体化できる

まずは、副業から始めてみるのがおすすめです。

独立後も「週5日で90万円の1案件」を探すより「週2,3日で50万円を2案件」の組み合わせの方が探しやすい

副業から週1日案件に慣れると、「慣れてきたし、週5日よい案件を探してフリーランスエンジニアになろう」と思う方もいるかもしれませんが、いきなり週5日案件を探すのはおすすめしません。

理由は、以下の2つです。

  • 1案件の単価が高く採用基準が高いため、受かりづらい
  • 仮に案件が獲得できても、クライアント都合で仕事がゼロになるリスクがある

週5日の案件で収入を安定させようとすると、単価が高い案件が目につくかもしれません。ただ、単価が高い分、採用基準が高いところがほとんどです。

そのため、応募してもなかなか受からない人も多いです。

また、案件がストップしてしまうと収入がゼロになるので、リスクが高いですよね。そのため、週2,3日の案件を複数掛け持つことがおすすめです。

Workshipなら週1日からのプロジェクト単位で参画できるからピッタリ

Workshipなら、週1日からかつプロジェクト単位で案件を探せます。

マッチングサービス『Workship』の3つの特徴

そのため、案件がなくなって収入がゼロになるリスクを、最小限に減らせます。

以下から簡単に登録できるので、一度登録して案件を見てみてはいかがでしょうか。

Workshipを使ってみませんか? -フリーランス/副業ワーカー向けお仕事マッチング-

Workshipを使ってみませんか? -フリーランス/副業ワーカー向けお仕事マッチング-

詳細

フリーランス利用料無料
登録者数14,000人
マッチング最短即日

フリーランスエンジニアのメリット/デメリットと会社員との比較

フリーランス_エンジニア_会社員比較

「案件の探し方やイメージは沸いたけど、会社員との違いをもっと知りたいな……」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そこで次に、以下の3つに分けて解説します。

  • フリーランスエンジニアのメリット
  • フリーランスエンジニアのデメリット
  • フリーランスエンジニアと会社員との比較

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスエンジニアのメリットは、大きく分けて以下の4つです。

  • 働く時間や場所を自分でコントロールできる
  • 自身の稼働次第で一気に収入を上げることができる
  • 自分がやりたい業務内容が選べる
  • 余計な社内調整や人間関係に振り回されることがなくなる

ひとつずつ詳しく解説します。

働く時間や場所を自分でコントロールできる

フリーランスエンジニアは、自分で働く時間や場所をコントロールできます。

たとえば、リモートワーク可の案件であれば、以下のような場所でも働けます。

  • 自宅
  • カフェ
  • コワーキングスペース
  • 海外

『Slack』や『Chatwork』のような、コミュニケーションツールを使ってやりとりさえできれば、場所は自由なのです。

また、働く時間についても自由が効きます。たとえば、以下のように1日数時間でOKな案件もあります。

マッチングサービス『Workship』の案件ページ

フリーランスは、「契約内容に沿った成果を出せること」が重要です。逆に言うと、それさえ守れば、自由度の高い働き方ができるのです。

自身の稼働次第で一気に収入を上げることができる

働く時間を自由にコントロールできるため、稼働次第で収入を一気に上げられます。

たとえば、20代で年収1000万円超えの、フリーランスエンジニアもいます。

頑張り次第で一気に収入を上げられるので、やりがいがありますよね。

「でも、自分が高単価案件を獲得できるイメージが湧かない……」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そんな方向けに、以下で詳しく高単価案件獲得方法をまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分がやりたい業務内容が選べる

会社員として仕事していると、仕事の内容は会社、上司の意向で決まりますよね。

ただ、決まった仕事が必ずしもやりたいとは限りません。むしろ、やりたい仕事を任せられる機会が少ない人もいるのではないでしょうか。

フリーランスエンジニアになれば、やりたい業務を自分で選べます。

需要の高いスキルが身につく案件を選べるので、効率的にスキルを鍛えやすいです。

余計な社内調整や人間関係に振り回されることがなくなる

フリーランスエンジニアは、契約した業務内容の範囲内で仕事をします。

そのため、余計な社内調整や事務仕事を任されることはありません。

自分が選んだ仕事に注力できるので、無駄なく効率的にスキルを伸ばせるのです。

フリーランスエンジニアのデメリット

エージェントを活用して獲得した案件の仕事では、雑務はないかもしれません。
フリーランスエンジニアのデメリットは、大きく分けて以下の3つです。

  • 会社員ほど収入が安定していない
  • エンジニア業務以外の雑務が必要となる
  • 社会的信用が低くなる

ひとつずつ詳しく解説します。

会社員ほど収入が安定していない

会社員は、月の収入が決まっていますよね。

社内の評価によって収入が変わることはあっても、ゼロになることはありません。

ただ、フリーランスエンジニアは、案件がないと収入がゼロになってしまいます。

案件がゼロになるリスクを回避する方法は、案件獲得の窓口を複数確保することです。

安定的に案件を獲得する案件方法、案件獲得を代行してくれるエージェントサービスについて以下で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

エンジニア業務以外の雑務が必要となる

ただ、フリーランスとして仕事するためには、エンジニア業務以外の雑務処理が必要です。

具体的に言うと、以下のような作業です。

  • 営業(案件を探す)
  • 経理(収支の管理、帳簿の記録、請求書の発行、確定申告)
  • 法務(契約書の作成/チェック)

「いままでエンジニアとしての仕事経験しかないし、自分で全部できるのかな……」と思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

自分でできない業務は、得意な方にお願いすればよいのです。

具体的に言うと、以下のように代替え手段はあります。

仕事の種類 雑務の負荷を減らす手段
営業 Workshipなどの案件マッチングサービスを活用する
経理 freee』や『MFクラウド会計』などのクラウド会計ソフトを使う
法務 AI-CON』などの契約書チェックサービスを使う

Workshipなどの案件マッチングサービスを活用すると、営業の手間は減らせます。

ただ、フリーランス1年目から必ずあるのが経理業務です。とくに確定申告は必須なので、準備が必要です。

確定申告初心者におすすめなのが、クラウド会計ソフトです。簡単な入力をするだけで、確定申告時に必要な帳簿を自動作成できます。

未経験でもすぐに使えるクラウド会計ソフトを、以下で詳しくまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

社会的信用が低くなる

自由に働けて収入も高いフリーランスですが、「社会的信用」は高くありません。

たとえば、以下のようなケースで苦労することもあるでしょう。

  • クレジットカードが作れない
  • 不動産会社から家を借りるのが難しい
  • 車や家購入時にローンを組めない

ただ、「【2019年版】フリーランスにおすすめのクレジットカード20選!審査通過のポイントも解説」でも解説しているとおり、フリーランスでも作れるクレジットカードはあります。

家を借りたり、車や家の購入は敷居が高いため、事前に準備しておくことをおすすめします。

フリーランスエンジニアと会社員との比較

ここまで、メリット/デメリットの視点で、フリーランスエンジニアと会社員の違いを解説してきました。

これまで解説した内容を表にまとめてみました。

正社員 フリーランス
収入
  • 実力に応じて300万円~1000万円の振れ幅がある
  • 一気には増えないが、安定した収入がある
  • 複数案件を掛け持ちすると、年収1000万円超えもあり
  • 収入に波はあるが、自分の力で収入を上げられる
社会的信用 ★★★★★ ★★★☆☆
仕事の内容
  • 会社で決められた仕事を行う
  • 自分で仕事内容を選べる
出世
  • 仕事の実績や年功序列など、会社で決められた方法で出世
  • 実績やスキルをもとに、自分で高単価な仕事を選べる
安定感
  • 収入が大幅に減るリスクはない
  • 仕事がいきなりなくなるリスクもない
  • 案件がなくなり収入ゼロになる可能性がある
  • 仕事量に応じて収入が変わるため、波がある

フリーランスは自分で案件を選んで仕事するため、収入に波はあります。ただ、自分で選べる分スキルを鍛えやすいです。

また、中単価案件を複数掛け持つことで、高単価も目指せます。

会社員は社会的信用や安定はありますが、高単価を目指すことが難しいです。社内での評価を上げるだけでなく、高収入を目指して転職が必要になるでしょう。

フリーランスエンジニアに向いている人/向いていない人

フリーランス_エンジニア_向いている_向いていない

「フリーランスは収入や自由度が高いけど、自分に向いているのかな……」と思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで次に、以下の2つについて解説します。

  • フリーランスエンジニアに向いている人
  • フリーランスエンジニアに向いていない人

フリーランスエンジニアに向いている人

フリーランスに向いている人の特徴は、以下の2つです。

  • 自分を律することができる人
  • プログラミングや新しい技術に触れることが趣味な人

ひとつずつ解説しますね。

自分を律することができる人

1つめは、「自分を律することができる人」です。

自分を律することができる人の特徴は、以下の2つです。

  • 依頼された仕事の見積もりができる
  • モチベーションを保ちつつ納期までに仕事を完遂できる

フリーランスは自分で仕事のコントロールをするため、制御できず仕事量が少ないと収入が落ちてしまいます。

そのため、自分を律することができるのが大前提なのです。

プログラミングや新しい技術に触れることが趣味な人

2つめは、「プログラミングや新しい技術に触れることが趣味な人」です。

会社員時代に学んだスキルだけでは、いつか廃れてしまう日がくるかもしれません。

そのため、プログラミングスキルを鍛えつつ、新しい技術を学ぶ姿勢がとても重要です。

  • 新しく覚えた技術を使ってコードを書くのが好き
  • 技術が好きで仕事以外もPCを触っている

という人は、フリーランスに向いているでしょう。

フリーランスエンジニアに向いていない人

以下のような特徴がある人は、フリーランスエンジニアに向いていません。

  • セルフコントロールできない人
  • 売上意識や収支などお金の管理に鈍感な人

ひとつずつ解説します。

セルフコントロールできない人

1つめは、「セルフコントロールできない人」です。

フリーランスになった以上、自分でコツコツ勉強して学んで行くことはとても重要です。

会社員の場合は、社内目標に合わせた個人の目標が決まっているはずです。そのなかには、成長目標も定められています。

ただ、フリーランスには用意されていません。自分でコントロールできないと、まったく成長できなくなってしまいます。

そのため、目標に向けてセルフコンコントロールするスキルがないと、フリーランスとして成功するのは難しいのです。

売上意識や収支などお金の管理に鈍感な人

2つめは、「売上意識や収支などお金の管理に鈍感な人」です。

フリーランスは、ひとり社長のようなものです。月の収入だけ見ればよいのではなく、支払いにも気をつけなければなりません。

お金の管理に鈍感な人は、「収入は高いのに、保険や税金の支払いで手取りはあまりよくない……」という状況にもなりかねません。

税理士にお願いすることもできますが、最初は自分で管理していくことになるので、注意しましょう。

フリーランスエンジニアの平均年収は651万円/案件単価は平均54万円

「フリーランスエンジニアの魅力はわかったけど、具体的にどのくらいの年収になるんだろう……」
「フリーランスエンジニアとして年収1000万円を超えるには、どんなスキルが必要なんだろう……」

と思っている人もいるのではないでしょうか。そこで次に、以下に分けて解説します。

  • 一番高収入なのはSAPエンジニア。それぞれの平均年収は1000万円
  • 年収1000万円を超えるフリーランスエンジニアも多数
  • フリーランスエンジニアが年収/単価を上げる方法

ひとつずつ詳しく解説しますね。

一番高収入なのはSAPエンジニア。それぞれの平均年収は1000万円

一番高収入なのは、SAPエンジニアです。

SAPは、業務システムを扱うERPパッケージのひとつです。

SAPの資格取得に100万円程度かかることもあり、エンジニアの収入も高いです。

プログラミング言語による月収相場の違いは、以下のとおりです。

スキル 最高月収 平均月収 最低月収
C++ 70万円 60万円 55万円
JavaScript 70万円 60万円 45万円
ASP.NET 73万円 65万円 50万円
C# 76万円 65万円 55万円
Java 80万円 65万円 50万円
Android 80万円 67万円 60万円
Objective-C 90万円 70万円 50万円
Swift 95万円 70万円 50万円
Unity 85万円 70万円 50万円
PHP 80万円 70万円 45万円
Ruby 83万円 71万円 60万円
Scala 80万円 73万円 60万円
Cocos2d-x 85万円 73万円 63万円
Python 90万円 80万円 75万円
Go 85万円 80万円 75万円
SAP 100万円 90万円 80万円

▲参考:SE HACK

SAPに次いで単価が高いのが、Goエンジニアです。

リモートワークがしやすいWebエンジニア(PHP、Rubyなど)で見ても、約70万円です。

また、言語の違いだけでなく、作業範囲によっても以下のように年収が変わります。

作業工程 最高年収 平均年収 最低年収
運用保守 480万円 420万円 300万円
テスト 480万円 444万円 300万円
製造 720万円 600万円 480万円
詳細設計 720万円 660万円 480万円
基本設計 840万円 780万円 600万円
PL 900万円 816万円 780万円
要件定義 960万円 840万円 780万円
PM 1020万円 900万円 840万円
コンサル 1200万円 1080万円 960万円

▲参考:SE HACK

上流工程に進むほど、年収が高くなっています。

プログラミングスキルだけでなく、設計、マネジメントなどのスキルを鍛えていくのが、高単価案件を獲得する秘訣です。

マネジメントスキルがイメージできない方は、以下を見ておくとよいでしょう。

年収1000万円を超えるフリーランスエンジニアも多数

年収1000万円と聞くと、すごすぎてイメージできない方もいるかもしれませんね。

イメージしづらい方は、月収で考えてみましょう。

  • 1案件の場合:月収90万円
  • 2案件の場合:月収50万円 + 月収40万円

スキルに自信がある場合は、月収90万円程度の案件を探すとよいでしょう。

ただ、高単価になるほど、求められるレベルも高くなります。

高単価案件の対応が難しい場合は、複数案件を掛け持ちするのがおすすめです。たとえば、以下のように高単価かつ週2日から開始できる案件もあります。

『Workship AGENT』に掲載されている高単価案件

自分のスキルや仕事の進め方と相談しつつ、高収入を目指していくとよいでしょう。

フリーランスエンジニアが年収/単価を上げる方法

フリーランスエンジニアが年収/単価を上げる方法は、以下の3つです。

  1. 信頼を積んで単価の高い仕事をもらう
  2. 単価の高いプログラミング言語を習得する
  3. 複数案件を掛け持ちして単価を上げる

まずは、案件にコミットして信頼を積みましょう。信頼が得られれば、プログラミングだけでなく設計、管理と上流工程を任せてもらえる可能性が高くなります。

また、高単価なプログラミング言語の案件を獲得するのも、ひとつの手です。

実務経験がないと最初は単価が低くなるかもしれませんが、別言語の知識がある分、成長は早いはずです。

時間をかけて実績を積めば、高単価になって後から回収することもできるでしょう。

また、先ほどお伝えしたとおり、複数案件を掛け持ちするのもおすすめです。

週2日から始められる高単価案件を以下で紹介しているので、登録して案件を探してみてはいかがでしょうか。

Workship AGENTはこちら

フリーランスエンジニアが案件を獲得する方法

フリーランス_エンジニア_案件獲得方法

次に、フリーランスエンジニアが案件を獲得する方法について解説します。案件獲得方法は、大きく分けて以下の3つです。

  • マッチングサービスやエージェントを利用する
  • クラウドソーシングで案件を探す
  • 知人や元同僚から紹介してもらう

ひとつずつ解説しますね。

マッチングサービスやエージェントを利用する

1つめは、「マッチングサービスやエージェントを利用する方法」です。

おすすめのマッチングサービスやエージェントは、以下のとおりです。

複数登録しておくことで、紹介してもらえる案件の比較もできます。よりよい条件の案件を探せるので、おすすめです。

クラウドソーシングで案件を探す

2つめは、「クラウドソーシングで案件を探す方法」です。

クラウドソーシングは、仕事を頼みたい企業と、仕事が欲しい人のためのマッチングサービスです。

案件がとても多く、自分でも探しやすいのが特徴です。

おすすめのクラウドソーシングサービスは、以下の2つです。

登録無料かつ、登録しなくても案件は探せるので、一度覗いてみるとよいかもしれませんね。

知人や元同僚から紹介してもらう

3つめは、「知人や元同僚から紹介してもらう方法」です。

仕事を依頼してもらう上で重要なのが、「信頼」ですよね。

知人や元同僚であれば、積み重ねた信頼があるため仕事を依頼してもらいやすいでしょう。

その分依頼内容を超えたお願いをされてしまうケースもあるので、契約はしっかり結んでおくのがおすすめです。

フリーランスエンジニアが安定して案件を獲得するには

これまで、3つの案件獲得方法を解説しました。

知人や同僚から仕事をもらったり、クラウドソーシングで案件を獲得する方法は始めやすい反面、高単価を目指すことが難しく、時間がかかります。

フリーランスエンジニアとして安定して案件を獲得するなら、案件マッチングサービスの活用は必須です。

Workshipならたった60秒で簡単に登録できるので、以下から登録してみてはいかがでしょうか。

Workshipを使ってみませんか? -フリーランス/副業ワーカー向けお仕事マッチング-

Workshipを使ってみませんか? -フリーランス/副業ワーカー向けお仕事マッチング-

詳細

フリーランス利用料無料
登録者数14,000人
マッチング最短即日

フリーランスエンジニアとして独立/成功するために必要なスキル

フリーランス_エンジニア_成功_スキル

フリーランスエンジニアはとても魅力的、かつ高単価が目指せますが、条件がいくつかあります。

そこで次に、フリーランスエンジニアとして独立/成功するために必要なスキルについて解説します。必要なスキルは、大きく分けて以下の3つです。

  • 3年以上の実務経験(開発など)
  • 「エンジニア×〇〇」という専門スキルの掛け合わせ
  • クライアントからの信頼獲得を重視する

ひとつずつ解説しますね。

3年以上の実務経験(開発など)

1つめは、「3年以上の実務経験(開発など)」です。

フリーランスは、高単価である分「即戦力」を求められます。そのため、スキルがあるだけでなく、「スキルを証明する実務経験があること」が重要です。

たとえば、以下のように実務経験が必須の案件もあります。

マッチングサービス『Workship』の案件ページ

  • 3年程度以上のプログラミング実務経験(PHP)
  • 基本設計から結合テストまでの実務経験

3年以上の経験がないと、よい案件を探すことが難しいです。経験が浅い場合、まずは経験を積むことを目指しましょう。

「正社員として転職するのが難しそう……」という方は、派遣エンジニアから始めるのもひとつの手です。

実績を積むにはうってつけですので、以下を参考に派遣エンジニアから始めてみてはいかがでしょうか。

「エンジニア×〇〇」という専門スキルの掛け合わせ

2つめは、「エンジニア×〇〇」という専門スキルの掛け合わせをもっていることです。

エンジニアスキルだけだと、替えが効く存在になってしまいがちです。

他を圧倒するほどのスキルがあれば話は別ですが、そのレベルに到達する人は少ないですよね。そのため、以下のように他スキルとの掛け合わせがある人が重宝されます。

  • エンジニア×経理
  • エンジニア×ライター
  • エンジニア×デザイナー
  • エンジニア×マーケティング

たとえばマーケティングができると、エンジニア目線で見えなかった以下の貢献ができます。

  • マーケティング視点で必要な画面、機能を提案
  • 競合サービスのデータ分析方法やおすすめツールのシェア

1を伝えて1しかできない人よりも、1を伝えて10のことをできる人の方が、重宝してもらえます。

クライアントからの信頼獲得を重視する

3つめは、「クライアントからの信頼獲得を重視する」ことです。

同じようなスキルをもっている人は、世の中にたくさんいます。

そのため、「あなただからお願いしたい」と思ってもらえないと、継続して案件をもらえる可能性が低くなります。

また、クライアントから信頼獲得ができると、以下のようなメリットもあります。

  • 案件のやり取りがスムーズになる
  • 継続時の単価交渉がしやすくなる
  • 別の仕事を紹介してもらいやすくなる

案件を獲得できたら、まずは信頼獲得を目指してコミットしましょう。

未経験からいきなりフリーランスエンジニアになるのはほとんど不可能

フリーランス_エンジニア_未経験

少し厳しいことを言いますが、未経験からいきなりフリーランスエンジニアになるのはほとんど不可能に近いです。

その理由について、詳しく解説しますね。

厳しい現実だが即フリーランスは難しい。実務経験が何よりも重要

「クラウドソーシングやTwitterを活用して、フリーランスになることはできるじゃないか……」と思う方もいるかもしれません。

確かに、案件は獲得できます。ただ、以下の条件を満たせる人は少ないです。

  • 高単価で案件を獲得できる
  • 高単価案件を獲得する方法に再現性がある

未経験からフリーランスエージェントは活用できないので、自分の力で案件を獲得しないといけません。

ただでさえスキルがないなか、営業も自分でやるのは大変ですよね。

「実務経験」さえあれば、エージェントに仕事を探してもらうスタート地点に立てます。

未経験でフリーランスを目指すよりも、効率的に案件を探せるのです。

未経験からのキャリアステップはプログラミングの勉強と企業での実務経験が必要

未経験からフリーランスになると、実務レベルのスキルを身に付けることが難しいです。

独学でプログラミングスキルは身に付けられますが、以下スキルを身に付けることが難しいのです。

  • チームでの開発
  • 要件定義、設計などの上流工程
  • 作業工数の見積り

現場では複数人で開発することがほとんどです。そのため、チーム開発スキルが必須です。

また、現場ではただプログラミングを書くだけでなく、要件定義、設計力が重要です。

どちらも個人で学ぶことは難しいです。現場で使っている設計書をもとに、実際に作ってレビューしてもらう経験がないと、鍛えることができません。

また、フリーランスは即戦力が求められます。そのため、依頼された仕事の作業工数が正確に見積もれないと、「仕事ができない」と判断されてしまいます。

作業工数の見積り精度は、「仕事の経験値」によって変わります。未経験の場合は実際の仕事の作業タスクを見積もる機会がなく、鍛えるきっかけがありません。

効率的にスキルを身に付けたいならプログラミングスクールの受講がおすすめ

未経験でも実務レベルのスキルを鍛えたいなら、プログラミングスクールを活用するのもひとつの手です。

プログラミングスクールの講師は、フリーランスエンジニアが多いです。

そのため、フリーランスエンジニアから、必要なスキルを聞くチャンスがたくさんあります。

また、『DMM WEBCAMP』のように、転職コミット型のスクールサービスもあります。

完全未経験から独学だけでエンジニアに転職することは、とても難しいです。

そのため、わからないことを相談できる環境+転職サポートを利用できるスクールが、おすすめです。

リモート/在宅のフリーランスエンジニアはどうか

フリーランスエンジニアを目指している方は、リモート(在宅)で働くことに憧れを持っている人が多いです。

ただ、リモート案件の年収や、出勤の条件がよくわからない方が多いのではないでしょうか。

そこで次に、リモート案件に関する以下の3つについて解説します。

  • 常駐と比べるとリモート案件はあまり多くない
  • 在宅エンジニアの収入は平均500万円/案件単価は60万円が相場
  • 契約内容や出勤日数はどうか? (福利厚生、出勤の条件など)

ひとつずつ解説しますね。

常駐と比べるとリモート案件はあまり多くない

常駐案件に比べると、リモート案件はあまり多くありません。

たとえば、大手エージェントで「リモート」で検索しても、以下の案件数しかありません。

エージェントサイト 案件総数 「リモート」で検索した案件数
レバテックフリーランス 7869 35
Midworks 1112 10
ギークスジョブ 1288 19

※上記は、2019年11月1日現在の「リモート」で検索した数をまとめています

非公開案件もあるため正確な数ではありませんが、圧倒的に数は少ないですよね。

在宅エンジニアの収入は平均600万円/案件単価は50万円が相場

在宅エンジニアの平均年収が気になる方も多いのではないでしょうか。

先ほどお伝えしたとおり、リモートワークは案件が少ないです。そのため、リモートワークで案件を得るためには、「信頼のおけるエンジニア」でないといけません。

フリーランスエンジニアの平均年収は、400万円~1000万円ほどの開きがあります。

800万円以上は上流工程のスキルが必須となるため、400万円~700万円程度の間になり、平均すると550万円です。

「信頼のおけるエンジニア=実績を積んだエンジニア」であることを考えると、550万円以上は確実に超えるため、600万円程度が平均なのではないでしょうか。

契約内容や出勤日数はどうか? (福利厚生、出勤の条件など)

在宅案件の契約内容、出勤日数は案件によってさまざまです。

ただ、具体的なイメージが湧かない方もいるのではないでしょうか。

そんな方向けに、いくつか案件をご紹介しますね。

「案件1:ReactNative」

案件概要 ReactNativeでのアプリ開発エンジニア募集
時給 3500円~
担当箇所 実装/テスト
出勤日数 週4日以上が望ましい
その他
  • コミュニケーションツールはSlack
  • サーバー環境はAWS
  • アプリの要件定義、デザイン、APIは弊社で用意

「案件2:PHP + Laravel」

案件概要 PHPとLaravelを用いてメディアの記事作成システムを開発
時給 5000円~
担当箇所 要件定義/設計/実装/テスト
出勤日数 最低週2日から
(1日数時間からOK)
その他 ○必要要件

  • PHP7.0~での開発経験
  • Laravelフレームワークを利用した開発経験(MUST)
  • Webサービスのフロントエンド(HTML/CSS/JavaScript)の開発経験

1つめの案件は週4日以上ですが、技術的に必要な要件は少ないです。実装/テストのみで、時給3500円です。

毎日8時間働いた場合、月収56万円(月20日間計算)なので単価が高いですね。

また、2つめの案件は必要要件がやや厳しいですが、時給は5000円からです。最低週2日、1日数時間から可能なので、待遇はよいです。

仮に毎日8時間働いた場合、月収80万円(月20日間計算)なので高単価を目指せます。

このように、スキルや条件に応じて高単価の在宅案件は存在します。

まとめ

  • フリーランスエンジニアは実務経験が最低3年は必要
  • 実務経験があれば複数案件掛け持ちで高単価が目指せる
  • 在宅エンジニアでも高単価案件は市場にある

執筆:しろ
編集:Workship MAGAZINE編集部
アイキャッチデザイン:T

「FREELANCE-ENGINEER」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ