毎朝10時起床がデフォ。ズボラADHDフリーランスの1日のスケジュール

ADHDフリーランス
無料のメールマガジンに登録

毎週月曜日に、フリーランス向けニュースまとめをお届けします。 プライバシーポリシーはこちら

こんにちは、フリーライターのゆぴです。2019年に会社を辞めて独立し、現在はフリーランスとして働いています。

フリーランスになる前、フリーランスというのは一体どういうスケジュールで動いているのか、会社員のわたしは皆目検討がつきませんでした。

遊んでいるようにも見えるけど、休日にも働いている人もいる。朝寝坊ができるけど、夜遅くまで働いている場合もある……。

今回はあくまで一例として、ズボラフリーランス代表のわたしの1日のスケジュールを公開してみたいと思います。

具体例があると、自分がフリーランスになったときの想像もつきやすいかなと思うので、ぜひ参考にしてみてください! なるかわかんないけど!!!

ゆぴ
ゆぴ

永遠の17歳のフリーライター。強度のADHDなのに家族も親友もADHDだったので、診断されるまでは「ちょっとヤバいドジっ子」程度だと思っていた。(Twitter:@milkprincess17

フリーランスの1週間のざっくりスケジュール

月:ご自愛DAY:身体を休める日
火:上京DAY:習い事や病院などに行く日
水:仕事DAY:仕事をガッツリ進める日
木:WorkshipMAGAZINE:業務委託先に捧げる日
金:WorkshipMAGAZINE:業務委託先に捧げる日
土:遊びor仕事DAY
日:遊びor仕事DAY

基本的にはこんな感じのスケジュールで動いています。週3〜4勤務が多いです。

基本的には週休2日制を導入していますが、7日間フルで働くこともあれば、3泊4日程度の旅行に出かける場合は直前に仕事を詰める代わりに、週1でしか働かないときもあります。

現在はこの連載をしている『Workship MAGAZINE』の編集部に業務委託として入っていることもあり、まったく働かない週というのはさすがにない……はずです。

ある程度、時間の融通が効くのはフリーランス最大のメリット。

平日のスカスカな電車やお店を知ってしまったら、土日に都内に出かけようという気になりません……(笑)。なので、土日は会社員の友だちと遊んだり、仕事に捧げることが多いです。世間の休みには沿わずに生きています。

フリーランスの1日のざっくりスケジュール【お仕事DAY】

8:00 10分だけ起床、ツイート、二度寝

企業のTwitter運用を任されているので、10分だけ起床してツイートを作成して投稿。その後二度寝します。

10:00 のっそり起床

朝が苦手なので本格的な起床は遅めです。目覚ましをかけず、「起きたくなったら起きる」というズボラスタイルを取っています。自分の特性に合わせて起床時間を決められるって最高! ちなみにごはんを食べると眠くなるので朝ごはんは食べません。ナチュラル断食です。

できるだけ朝イチの予定は入れないようにしていますが、朝イチでの取材や案件がある場合は、目覚ましを大量にかけたり、友人に頼んでモーニングコールしてもらったりして頑張って起きます。でも、案件が詰まっているとき以外は大抵10〜12時ぐらいまで寝てます。

好きな時間に起きられるのはフリーランスになってよかったことNo.1かも。

10:30 タスクを付箋に書き出す

毎朝デスクの前に座るたびに「はぁ、今日何やるんでしたっけ」となるので、今日やることを付箋に書いてPCや壁にペタペタ貼ります。

やることを見失わないための目印。意外とこの作業が嫌いじゃない。

11:30 連絡チェックタイム

メール、メッセンジャー、LINE、Slack、TwitterのDMなどの連絡系はまとめてチェック。仕事中に小まめに連絡を返すのが苦手なので、まとめて返してアーカイブしてすべてを空にするようにしています。こうすると返信漏れを防げるので連絡苦手な人はぜひ真似してほしい!

ただ、返信を返しながらいろいろ思い出して別の作業をはじめるので連絡チェックするだけで1時間ぐらいかかったりします。よくない。

12:30 打ち合わせ

地味に多い打ち合わせ。毎日のようにオンラインイベントや、新規取材、定例ミーティングなど、さまざまな打ち合わせがあります。

なお、時刻は絶賛お昼時ですが、過集中ADHDなのでよくランチを摂るのを忘れます。朝も食べてないので実質1日1食になることも。家にいるときはPCの前で納豆ごはんか謎のスープを食べています。

13:30 取材準備

ライターなのでメインのお仕事は取材記事の執筆! 取材をしたり、録音を聴きながら書き起こしをしたり、構成を作ったり、記事を書いたりしています。

この日はオンラインで取材があるので、事前に用意しておいた質問項目をチェックしたり、集めた情報に目を通したり、最低限鏡を見て顔面チェックをしたりして取材に備えます。直前にZoomリンクが見つからなくてアワアワしがち。

14:00 オンライン取材

1本の取材にかかる時間は1時間ほど。最近ではオンライン取材が増えたので、移動時間が短縮されました。編集さんやクライアントが同席することもあります。対面取材のときは、わたしが写真撮影を担当することも。

取材は死ぬほど緊張しますが頑張ってます。

15:00 構成案作成

取材が終わったら、忘れないうちに構成案を軽〜く作っておきます。1記事書くのに最低でも5時間はかかります。これは本気を出した場合なので、基本的には1日1本納品できるかどうかぐらいのペースで書くことが多いです。

しかし! また別日に見直して考える、という作業もあるので結局1週間ほどかかる仕事がほとんど。複数案件を並行しながら書いています。

15:30 移動中:種まきタイム

移動中は「種まきタイム」と称してnoteの執筆に当てています。「どうせスマホをいじるか本を読むかしかできないんだから、ぼうっとしているより種まきに当てたほうがお得じゃね?」という考えのもと、黙々とスマホで文章を書いて過ごすことが多いです。

noteには日々感じたこと……というか日記を書いています。更新ペースは週2〜3本です。

17:00 ボーカルレッスン

声優の仕事もしているので、ボーカルレッスンへ!

習い事を平日夕方に入れられるのもフリーランスならでは。帰宅ラッシュに巻き込まれるのが死ぬほど嫌いなので、ちょっと早めに入れるようにしています。

18:00 移動中:種まきタイム

今度はTwitterに届いたリプをせっせと返したり、各種SNSに投稿したりします。「Twitter」「Facebook」「Instagramストーリーズ」「note」をバランスよくやろうと奮闘中。フリーランスは発信が命!

もはや生活の一部なので、仕事の一環とは思わずにやってます。趣味です。

19:30 ごはん・お風呂

夜ごはんを食べながら動画配信サービスをチェック。話題のコンテンツはアニメでもドラマでもチェックするようにしているので、ごはんタイムもしっかり有効活用!

……とちょっとかっこよく言ってみたけど、単純にごはんを食べている時間が手持ち無沙汰なだけです。食べるのが遅すぎて、ごはんは1時間以上食べてます。

お風呂に入っているあいだも暇なので本を読んだり、スマホを持ち込んでポチポチしたりすることがほとんどです。

21:00 種まきタイム

どんだけ種まいてるんだよという話ですが、最近『書く習慣』という本を出版したので、Twitterやnoteでハッシュタグを拾っていいねやコメントをしたり、感想集を作ったり、という作業をしています。

直接金銭が発生するわけではないけど、広報・販促・読者満足度の向上に繋がればいいなぁと思って毎日ちまちまやっていることのひとつです。フリーランス、意外と金銭の発生しない仕事ありますぜ?

22:00 執筆タイム

丁寧な暮らしができないタイプなので、夜のほうが執筆が捗るんですよね……! ということで、こんな時間から本気を出し始めます。細切れに書くよりも、ある程度まとまった時間があるほうが書けるので、どうしてもいつも夜遅くになりがち。

これが会社員なら「残業だぁ!」となるけど、合間にボーカルレッスンに行ったりTwitterポチポチしていたので致し方あるまい……。こういうとき、前日は終日遊びに費やしたりしていることがほとんどなので、ツケを返すような気持ちで仕事をしています。

フリーランスは自分にツケて、返して、ツケて、返して、の繰り返しじゃい。

1:00 漫画タイム

「漫画は日中絶対に読まない」「YouTubeは日中絶対に開かない」というマイルールがあります。なぜならそれで1日が終わってた、という経験を何度もしているから……! なので、ずっと我慢していた漫画を読んだりアイドルの動画を観たりして1日を締めます。

意思がめちゃくちゃ弱いのを知っているからこそ、お仕事DAYは泣く泣く娯楽を遠ざけますが、必ず1日の最後に回収します。何も諦めたくない。貪欲に生きてます。

2:00 就寝

そんなこんなで寝る時間。典型的な夜型です。

まとめ:プライベートも仕事もぐちゃぐちゃ

あくまでわたしを含めまわりのフリーランスを見ていて思うのは、プライベートも仕事もぐちゃぐちゃだということ。午前中は仕事して午後に遊ぶとか、昼間だけ仕事を抜けるとか、かなり柔軟にスケジュールを組んで動いている人が多いです。

いや、組めているのすらわからない。突発的に動くパターンも多々あると思います。もちろんきっちりとしたスケジュールで動いている人もいるにはいるとは思うんですけど……まぁ……稀有ですよ、多分。

そんな、プライベートと仕事が混ざったカオスな暮らしを楽しめる人はフリーランスに向いているんじゃないかな。一例として参考にしてもらえたら嬉しいです!

(執筆&イラスト:ゆぴ 編集:少年B)

40,000人以上が使う!日本最大級のフリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship』

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」
「報酬が低くて疲弊している。もっと稼げるお仕事ないかな……」

フリーランス・副業向けマッチングサービス『Workship(ワークシップ)』が、そんな悩みを解決します!

  • 累計40,000人以上のフリーランス・副業ワーカーが登録
  • 東証プライム上場企業からスタートアップまで多数参加
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 公開中の募集のうち66%がリモートOKのお仕事
  • 時給1,500円〜10,000円の高単価案件のみ掲載
  • お仕事成約でお祝い金10,000円プレゼント!

利用料は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

※Workship MAGAZINEでは日々情報の更新に努めておりますが、掲載内容は最新のものと異なる可能性があります。当該情報について、その有用性、適合性、完全性、正確性、安全性、合法性、最新性等について、いかなる保証もするものではありません。修正の必要に気づかれた場合は、サイト下の問い合わせ窓口よりお知らせください。また、本メディア内に掲載されているリンクには、アフィリエイトURLが含まれる可能性があります。

SHARE

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE
Workship ad 2